MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

DCコミックス

”ワンダーウーマン2”はテネリフェ島での撮影がある模様。

DCフィルム・ユニバース作品で唯一の成功者であるワンダーウーマンの次なる冒険を描くためにスタッフが再び集結し、制作に入る段階にいます。

マット・リーヴスは自身が好きなバットマンコミックスを明かす。

DCフィルム・ユニバース作品となるバットマン単独映画”The Batman”はマット・リーヴスによって描かれます。

ジョー・マンガニエロの”デスストローク”はやるとしたらオリジンムービーになる模様。

DCフィルム・ユニバースには決定事項の映画と未確定の映画プロジェクトが沢山あります。

”スーサイド・スクワッド2”は”バーズ・オブ・プレイ”の優先により延期される模様。

DCフィルム・ユニバースの映画制作はウワサのものもあれば公式に決まったものもあります。

キャシー・ヤンは”バーズ・オブ・プレイ”を指揮する模様。

ハーレイ・クインには多くのスピンオフ作品が予定されています。 ジョーカーとハーレイの物語と女性ヒーロー&ヴィランが登場する”バーズ・オブ・プレイ”、そして”スーサイド・スクワッド2”です。

エズラ・ミラーは最初はフラッシュのコスチュームが好きではなかったと明かす。

DCフィルム・ユニバースのフラッシュはエズラ・ミラーが演じ、不振を極めた”ジャスティス・リーグ”の中でも比較的高評価されたキャラクターでした。

”Gotham/ゴッサム”でブルース・ウェインの最初のバットモービルを紹介。

FOXで放送中のバットマン前日譚である”Gotham/ゴッサム”はシーズン4でいよいよ若きブルース・ウェインが最初のダークナイトとして動き出します。

ショーランナーたちは次のシーズンのアローバース・メガクロスオーバーについて動き出している。

CWが誇るDCドラマビッグ4”ARROW”、”FLASH”、”SUPERGIRL”、”LEGENDS OF TOMORROW"の各シーズンは終わりに近づいています。

ジェイソン・モモアは”アクアマン”の映画の裏側を共有する。

”アクアマン”プロジェクトは大詰めを迎えています。 主演のジェイソン・モモアは自身のプロジェクトの主な仕事は終わっていますが、映画の制作に熱心なモモアは映画の裏側の写真を共有しました。

ジェイク・ギレンホールは次のバットマンではないと話す。

DCフィルム・ユニバースのダークナイトこと”バットマン”の単独映画はマット・リーヴスによって制作されます。

《RUMOR》”アクアマン”はイギリスでは一週間早く公開か。

DCフィルム・ユニバース作品の”アクアマン”は2018年唯一の映画であり、まだ日本での公開日は発表されていませんが、全米では12月21日に設定されていました。

ステッペンウルフのコンセプトアートは最終的なビジュアルよりエイリアン的な要素が多かった模様。

”ジャスティス・リーグ”のメインヴィランはステッペンウルフでした。

《BREAKING》WBは”バットガール”の脚本にクリスティーナ・ハドソンを起用と報道。

ジョス・ウェドンの”バットガール”降板はファン及びワーナー・ブラザース/DCをも驚かせたかもしれません。

”ワンダーウーマン2”はIMAXカメラで撮影される。

DCフィルム・ユニバース作品となる”ワンダーウーマン”の続編”ワンダーウーマン2”はIMAXカメラで撮影されるようである。

マット・リーヴスは”The Batman”がうまく行っていると明かす。

DCフィルム・ユニバース作品として制作されるバットマン単独映画については現在まで、多くの問題を抱えていました。

"フラッシュ”のソロ映画は別の方向に進んでいる模様。

DCフィルム・ユニバースは”ジャスティス・リーグ”の不振により大きく進路を変えることになりそうです。

3代目”ブラック・キャナリーはX-23を演じたいと願う。

マーベルとDCは長年、アメリカン・コミックスとしてライバル関係を築いています。 それはコミックスだけでなく、映画。ドラマとその媒体は拡大しています。

ジョー・マンガニエロは”デスストローク”の映画がまだあると明かす。

DCフィルム・ユニバースはワーナー・ブラザースとDCフィルムズの単略的な生産により大きく迷走していますが、その一番の被害者はジョー・マンガニエロかもしれません。

CWはアローバースとブラックライトニングのシーズン更新を発表!

CWで放送中のDCドラマビッグ4(ARROW、FLASH、SUPERGIRL、LEGENDS OF TOMORROW)と2018年より新たにDCドラマとしてスタートした”ブラックライトニング”はすべてシーズンの更新が発表されました。

ザック・スナイダーによるDCFUの壮大なビジョン。

DCフィルム・ユニバースはザック・スナイダー主導で最初はスタートしました。 そしてスナイダーはキャラクターの明確なビジョンを持って、壮大なストーリーを構築するつもりだったでしょう。

スティーヴァン・アメルは”ブラックライトニング”とのクロスオーバーに前向き。

CWは現在、DCドラマとして5作品放送されています。 その先頭に立っているのがDCコミックス原作の”グリーン・アロー”からインスピレーションした”ARROW”です。

ペドロ・パスカルの役割は一体なにになるのか?

DCフィルム・ユニバース作品となる”ワンダーウーマン”はダイアナがワンダーウーマンとしての誕生を描き、DCユニバースの中で最大のヒット作品となりました。

ザック・スナイダーはBvSでの”美しい嘘”のシーンについて説明する。

DCフィルム・ユニバースとして公開された”バットマンvスーパーマン/ジャスティスの誕生”は評価が大きく別れ、割合的にはネガティブな反応の方が多い作品でした。

《RUMOR》ローグ・ワンのスターが”ワンダーウーマン2”に出演?

DCフィルム・ユニバースは唯一の成功作品である”ワンダーウーマン”は現在、続編に取り掛かっています。

ショーン・ペンは”ダークナイト”でのジョーカー役をノーランが望んでいたというウワサについて言及する。

クリストファー・ノーランが描いたバットマン3部作の第2作に当たる”ダークナイト”ではバットマンの世界では有名なヴィランであるジョーカーが登場しました。

ペドロ・パスカルは”ワンダーウーマン2”で重要な役割を果たす。

DCフィルム・ユニバース唯一の希望となっている”ワンダーウーマン2”に新たなキャストが加わるようです。

CWのDCドラマビッグ4+1はすべてシーズン更新される模様。

DCエンターテイメントは現在、映画ではDCフィルム・ユニバースとして大きなプロジェクトを展開中ですが、ファンを満足させることはまだ出来ていません。

”Gotham/ゴッサム”シーズン4の撮影が終了した模様。

FOXで放送中の”Gotham/ゴッサム”は現在シーズン4が放送されておりますが、撮影は正式にクランクアップされたようです。

5月に”ワンダーウーマン”がスターチャンネルに早くも登場!

DCフィルム・ユニバース作品となる”ワンダーウーマン”は昨年8月に公開され、DCFUでは唯一の成功作品となりました。

ベン・アフレックは再びダークナイトを演じるのか?

ベン・アフレックはDCフィルム・ユニバースでバットマンを演じています。 しかし、アフレックのダークナイトの未来は現在、不透明となっています。