MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

DCコミックス

”ジャスティス・リーグ”コンセプト・アート@ナイトクローラーvsパラデーモン

DCフィルム・ユニバースのアッセンブル映画”ジャスティス・リーグ”からコンセプト・アートが公開されました。

”ナイトウイング”のキャスティング発表は2月まで持ち越しか?

DCフィルム・ユニバース作品となる”ナイトウイング”のキャスティングは多くのファンが待ち焦がれています。

”ナイトウイング”はデトロイトで撮影か?

DCフィルム・ユニバース作品として制作される”ナイトウイング”についてはその詳細が中々見えてこず、ファンはやきもきしているかも知れません。

ジェイソン・モモアの公式ファーストルック@”アクアマン”

DCフィルム・ユニバース作品となる”アクアマン”からジェイソン・モモアの公式ファーストルックが公開されました。

ベン・アフレックは”フラッシュポイント”がDCFUラスト・バットマンになるとのウワサ。

ベン・アフレックのバットマンに関するウワサは常にネガティブなウワサです。

DCフィルムズは”ジャスティス・リーグ”後に再構築を検討する。

DCヒーローのアッセンブル映画”ジャスティス・リーグ”はDCフィルム・ユニバースの頂点に立つべき映画として公開されましたが、現状では苦戦を敷いられています。

スティーヴァン・アメルはDCFU参戦にオープンだが、DCFUの成功を優先すると語る。

DCフィルム・ユニバースはDCのアローバースとは全く別の世界を描いています。

パティ・ジェンキンス、TIME誌の”パーソン・オブ・ザ・イヤー”にノミネート。

パティ・ジェンキンスが描いた”ワンダーウーマン”はDCフィルム・ユニバースの危機から救っただけでなく、多くの女性監督にとっても希望の星となりました。

2011年にも計画があった”ジャスティス・リーグ”

現在公開されている”ジャスティス・リーグ”は2013年にザック・スナイダーが”マン・オブ・スティール”をスタートの位置として始動させたDCフィルム・ユニバースのアッセンブル映画として制作されました。

”ナイトウイング”は大人気!

DCフィルム・ユニバース作品となる”ナイトウイング”は現在、キャスティング作業に入っているとされていますが、一体誰がディック・グレ=ナイトウイングを演じるのかは注目の的となっています。

Mr.テリフィックは”ARROW”と”Gotham”のクロスオーバーを望む。

現在、アメリカで放送されている”ARROW”ではDCのダークナイトであるブルース・ウェインの存在を”アローバース”で明らかにしました。

”タイタンズ”からロビンのファーストルックが公開。

ワーナーはDCが今後開始する予定のストリーミング・サービスからのショーである”タイタンズ”からロビンのファーストルック画像を公開しました。

ザッカリー・リヴァイは”シャザム!”は”ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”のようなものになると考える。

ザッカリー・リヴァイを”シャザム”として迎えた事によって動き出したDCフィルム・ユニバース作品”シャザム!”ですが、そのリヴァイは同作をライバルであるマーベルの”ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”のようなものになると思っているようだ。

マーゴット・ロビーはプロデューサーは監督を信頼することだと語る。

DCフィルム・ユニバースではハーレイ・クインを演じているマーゴット・ロビーは最新のインタビューでプロデューサーとは”監督を信頼すること”だと語っている。

”ワンダーウーマン”の成功を活かしきれない”ジャスティス・リーグ”

8月の時点ではDCフィルム・ユニバースは息を吹き替えしたと思われました。 そして満を持してDCヒーローのアッセンブル映画を送り込みましたが、全米では苦戦している模様。

ロック様は”ブラック・アダム”と”シャザム!”を分けた理由を語る。

ドウェイン・ジョンソンは”ブラック・アダム”としてDCフィルム・ユニバースへ参戦しますが、ザッカリー・リヴァイを迎える事で始動した”シャザム!”の映画には参加しないようである。

エズラ・ミラーはザック・スナイダーを『DCEUの父』と呼ぶ。

注)ソース元の記事がDCエクスティンディッド・ユニバース(DCEU)と表記していますので、DCEUで今回は表記します。 ”ジャスティス・リーグ”で高速のヒーロー”フラッシュ”演じたエズラ・ミラーはザック・スナイダーを強く慕っているようだ。

ジェンキンスは”ワンダーウーマン2”のヒントの解釈が若干違っていると明かす。

先日、”ワンダーウーマン2”の監督を務めるパティ・ジェンキンスは同作のヒントとして”偉大なラブストーリー”と”信じられない新キャラクター”の登場を示唆しました。

マーゴット・ロビーはまた別のハーレイ・クインスピンオフで動きをみせる。

”スーサイド・スクワッド”でデビューしたマーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインはその後、多くのDCフィルムで登場することになります。

アーミー・ハマーはスーパーヒーローになることを急いでいない。

アーミー・ハマーのDCフィルム参戦については多くのウワサが飛び交っていました。

ジェンキンスは”ワンダーウーマン2”のヒントを与える。

”ワンダーウーマン2”の監督を務めるパティ・ジェンキンスは多くのファンが早くも期待する”ワンダーウーマン2”のストーリーラインについて少しヒントをくれました。

ジェナ・マローンは”BvS"から自身のカットが削除された事をあまり気にしていない模様。

”バットマンvスーパーマン/ジャスティスの誕生”ではジェナ・マローンはスター・ラボの職員としてロイス・レーンの手助けをする役割を確かに演じていました。

デイヴィット・エアーはジョーカーの扱いに今でも後悔している。

昨年公開されたDCヴィランが集結した”スーサイド・スクワッド”はファンを満足にさせれる程には至らなかった。

”ジャスティス・リーグ”プロダクションデザイナー、バットマンの未使用バイクスケッチを共有。

DCヒーローが集結した”ジャスティス・リーグ”ではバットケイブから様々なマシーンが登場しています。

赤いドレスの女性はもしや???なウワサ。

”ジャスティス・リーグ”を鑑賞した人は”おや?”と思ったかもしれませんね。

グリーン・アローはクリプナイト・アローを使うのか?@”Crisis on Earth-X”

CWのメガクロスオーバー”Crisis on Earth-X”でオリバーはクリプナイトの矢を使うのか?

アローバース、”Crisis on Earth-X”最新ポスター公開。

CWの恒例になりつつあるメガクロスオーバー最新作”Crisis on Earth-X”の最新ポスターが公開されました。

”デッドプール”クリエーターもザック版”ジャスティス・リーグ”を切望。

”ジャスティス・リーグ”は一足先に劇場された米では評価が二分している。

ドルフ・ラングレン、”アクアマン”に向けてトレーニングを開始する。

劇場では今、”ジャスティス・リーグ”が公開されていますが、ジェイソン・モモア演じる”アクアマン”は単独映画を控えています。

”ナイトウイング”デレクター、クリス・マッケイのディック・グレイソンはオリジナルテイクになる?

クリス・マッケイは大画面で”ディック・グレイソン”を観た経験があるかもしれないが、彼の”ナイトウイング”はユニークなテイクになる模様。