MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

MARVEL

MCUはR指定という新たな領域に進めるのか?

スカーレット・ヨハンソン演じるナターシャ・ロマノフ=ブラック・ウィドウの単独映画企画が進行するとの報道で多くのファンは歓喜に包まれています。

アントニー・マッキーは赤と白のファルコン・コスチュームを望む。

”キャプテン・アメリカ/ウインター・ソルジャー”でMCUデビューを果たしたサム・ウィルソン=ファルコンを演じたアントニー・マッキーはよりクラシックなファルコンスタイルを望んでいる模様。

シェイファーは来月、スカーレット・ヨハンソンと話し合いをする模様。

先日、”ブラック・ウィドウ”単独映画に向けて大きな動きがありました。 これまでも、幾度となくウワサが浮上していましたが、今回はより具体的な話としてジャック・シェイファーを脚本に迎えたと報じられています。

最新スーツがより鮮明にわかる、ディズニーランド・パリのCM@アイアンマン

”アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”のトレーラーで少し垣間見れた、ロバート・ダウニーJrが演じるトニー・スタークの新しいアイアンマンスーツですが、意外なところからそのスーツが鮮明にわかるようです。

ライアン・クーグラーはキルモンガーを他のMCUヴィランたちと違うものにする為について語る。

”ブラックパンサー”は多面的なヴィランをはじめとして、マーベル・シネマティック・ユニバースに全く新しいものを垣間見せるように設定しています。

”アベンジャーズ4”の新しいセットフォトはタイムトラベルを示唆する?

新たなMCUのスタートとなると言われている”アベンジャーズ4”から新しいセットフォトがリークされました。

”ブラック・ウィドウ”単独映画に向けて、いよいよ動き出す??

スカーレット・ヨハンソン演じるナターシャ・ロマノフ=ブラック・ウィドウはマーベル・シネマティック・ユニバースの10年を支えた一人です。

デリクソンとカーギルが新しいプロジェクトに取り組む。

マーベル・シネマティック・ユニバースから新たに誕生した魔術を操るヒーロー、”ドクター・ストレンジ”は新しい映像革命を起こし、大ヒットを記録しました。

クリス・ヘムズワースは”アベンジャーズ4”後も”ソー”を続けたいと願う。

マーベル・シネマティック・ユニバースの10年を支えた1人である、ソーを演じたクリス・ヘムズワースは”アベンジャーズ4”以降も”ソー”の映画をやりたいと願っている模様。

スコット・デリクソンは”犬のシーン”のカット理由を説明する。

昨年1月にマーベル・シネマティック・ユニバースから新たに誕生したヒーロー、”ドクター・ストレンジ”はスコット・デリクソンによって素晴らしい映像技術で描かれました。

オリンピックスキーヤーは”キャプテン・アメリカ”スーツを発表する。

キャプテン・アメリカは正義の為なら雪中だろうが戦うだろう、しかしリンゼイ・ボンのようなスロープには行かなかっただろう。

ロバート・ダウニーJr、新しいセットフォトを公開。

少なくともトニー・スタークは”アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”と”アベンジャーズ4”では需要なキャラクターであることは間違いありません。

ジャスティン・ハマーはMCUに戻れるのか?、あるウワサが浮上。

”アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”はマーベル・シネマティック・ユニバースが2008年の”アイアンマン”からスタートしてちょうど10年の節目の作品となり、サノスとの頂上決戦を描くとされユニバース最高潮に達します。

ブリー・ラーソンはデワンダ・ワイズを歓迎する。

マーベル・シネマティック・ユニバース初の女性ヒーローとなる”キャプテン・マーベル”に新たにデワンダ・ワイズの参戦が発表でれました。

デワンダ・ワイズが”キャプテン・マーベル”に参戦。

マーベル・シネマティック・ユニバースは新たな挑戦に向かいます。 それはMCU初の女性ヒーローの単独映画です。

エミリー・ヴァンキャンプはマーベルからの呼び出しを待っている。

マーベル・シネマティック・ユニバースには多くのキャラクターが登場しました。 アイアンマンやキャプテン・アメリカ、ソーやハルクなどのスーパーヒーロー達もいれば、脇を固めるキャラクターもいます。

”デアデビル”シーズン3のセットフォトがキングピンの試練を明かす。

NetFlixマーベルドラマである”デアデビル”は現在、シーズン3の撮影中です。 シーズン3ではウィルソン・フィスク(キングピン)の再登場が明らかになっていますが、そこに向かうのは大きな試練があるようです。

”ブラックパンサー”はMCUのソロデビュー映画として最長上映時間になるかも?

マーベル・シネマティック・ユニバースは2018年で10周年を迎えます。 そして10周年以降のMCUは大きく様変わりするかもしれないと囁かれているマーベル・スタジオですが”ブラックパンサー”は2月には全米で公開され、日本では3月1日に公開されます。

クランシー・ブランは”デアデビル”と”パニッシャー”のクリエイティブな自由を称賛。

CWのDCドラマ”フラッシュ”やマーベル映画”ソー/バトルロイヤル”、さらにはNetFlixのショーでの役割のおかげで近年ではコミックメディアにかなりの部分を占めています。

”キャプテン・アメリカ/ウインター・ソルジャー”のスタントコーディネーターが”ガンビット”に参加。

20世紀FOXマーベル映画の新たなスタンドアロンとなるチャニング・テイタム主演の”ガンビット”は長い空白期間を得て、いよいよ始動します。

”アントマン/アンド・ザ・ワスプ”の新しいプロモアート公開。

マーベルのヒーローの中で最も小さなヒーローとなるアントマンはシリーズ第2弾となる”アントマン/アンド・ザ・ワスプ”のプロモーションに入っています。

明らかになったバッキーの新しい腕のインスピレーション。

マーベル・シネマティック・ユニバース作品となりいよいよサノスとの頂上決戦を描くとされている”アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”はトレーラーが公開されてから多くのファンを魅了しています。

”アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”はサノスの映画だと語る、アンソニー・ルッソ。

マーベル・シネマティック・ユニバースはいよいよ”アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”で宿敵サノスを登場させます。

”ブラックパンサー”プレミア誌の表紙を飾る。

マーベル・シネマティック・ユニバース作品として公開される”ブラックパンサー”はプロモーションが始まり、いよいよ公開までカウントダウンに入っています。

マイケル・B・ジョーダンはヒース・レジャーのジョーカーからインスピレーションを引き出したと明かす。

ヒーローには必ず敵対するヴィランが存在しています。 マーベル・シネマティック・ユニバースが20作品以上存在するのであれば、その数に比例してヴィランが存在しています。

ロバート・ダウニー・Jrは”キャプテン・アメリカ”との対立の難しさを語る。

マーベル・シネマティック・ユニバース作品として公開される”アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”では多くのヒーローたちが登場します。

デボラ・アン・ウォールは”デアデビル”シーズン3への希望を明らかにする。

NetFlixマーベルドラマシリーズ”デアデビル”シーズン3はまだ多くが不明です。 しかし”デアデビル”シリーズでカレン・ペイジを演じているデボラ・アン・ウォールはドラマがどこへ向かうかについてアイデアを持っています。

スカーレット・ヨハンソン、”アベンジャーズ4”の撮影終了。

マーベル・シネマティック・ユニバースの新たな始まりを告げるとされる”アベンジャーズ4”では新たな物語とこれまでのストーリーの終演を描くことが予想されます。

”デアデビル”プロデューサー、『さらにマーベル作品を求めて戻りたい』と明かす。

多くのマーベルTVファンにとってNetFlixの”デアデビル”のファースト・シーズンは実質的に完璧で、多くの成功を収めました。

ファンにおける”アベンジャーズ4”新理論。

”アベンジャーズ4”は今だに多くの謎に包まれておりますが、インターネット上でウワサされている新理論は新たなMCUへ大きな影響を与えるかもしれないことを示唆しています。