MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

”新スパイダーマン”出演決定のゼンデイヤ、オーデションでの苦労を語る。

f:id:manchester-98-99-rs:20160327023700j:plain

米ディズニー・チャンネル人気ドラマ『シェキラ!』で若者に

絶大な人気を得ているゼンデイヤ。

今回、マーベルスタジオ作品の”新スパイダーマン(仮)”の出演の契約を

結んだが、そこまでの道のりは一筋縄では行かなかったようだ。

 

ソニーマーベルコミックスが共同で制作する”新スパイダーマン(仮)”シリーズ。

ゼンデイヤが本作でどのような役どころかはまだ不明だが、

主人公:ピーター・パーカーの恋人役ではなく、もっと重要な主要キャラを

演じるのではないかとも報じられている。

 

そんなゼンデイヤがアメリカの人気トーク番組”エレンの部屋”に出演し、

今回の”新スパイダーマン(仮)”の出演契約を結ぶまでには人知れず苦労していたと

語ってくれた。

 

ゼンデイヤは

わたしは、演劇界の中では知られていない存在。本物の映画にも出演したことがないし。だから、みんなと同じで一番下から始めなければならなかったの。

オーディションを受け、オーディションを受け、オーディションを受けまくって、多くの人が持っている先入観という壁を壊さなければならなかったわ。わたし がこれまでやってきた仕事が、わたしのイメージとして定着しているからね。アグレッシブに、一生懸命に頑張って、ミーティングは全て出席し、呼ばれた オーディションは全て受けたわ。

と、米ディズニー・チャンネルの『シェキラ!』のイメージが強く付いたが故の

苦労もあったと語る。

 

しかし、ゼンデイヤはディズニー・チャンネル時代のイメージを消し去りたい

わけでもない模様。子供たちの良き手本になっていることに責任を感じており

今後も良き手本でいられるように努めたいと考えているという。

 

ゼンデイヤは

小さい子供たちからお手本的存在として見られているからね。そのことについては責任重大だなと感じているわ。小さい子供を持つ、お父さん、お母 さんから、“わたしたちの娘/息子にインスピレーションを与えてくれて、ありがとう”って言ってもらえることもあって。胸がいっぱいになるの

と真面目な表情で語った。

 

ゼンデイヤが出演するマーベル作品”新スパイダーマン(仮)”は

全米で2017年7月7日、公開予定。

 

ソース:tvGroove