MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

”デアデビル”主演のチャーリー・コックスが来日!”アベンジャーズ”との違いを解説。

f:id:manchester-98-99-rs:20160331190443j:plain

マーベルとNetFlixが共同で制作したドラマ”デアデビル

今回、主演のチャーリー・コックスが初来日して都内で会見をした。

 

デアデビル”は昼は盲目の弁護士、夜は法を逃れた悪人に鉄鎚を下す

デアデビル”として2つの顔をもつダークヒーローの活躍を描いたドラマです。

 

3月18日に待望のシーズン2がNetFlixで配信開始されたばかりですが、

今回、初来日を果たしたチャーリー・コックスは会見で同じくマーベルコミック

原作の”アベンジャーズ”との違いを話してくれた。

 

チャーリーは

アベンジャーズは宇宙、デアデビルは10ブロック平方を守っているんだよ

本作はCGを一切使わず、アクションを含めて現実に根付かせている。我々

は、このキャラクターだからこう動く、というストーリーテリングのため

のアクショ ンに意識を傾けているんだよ。シーズン2では(物語の)内容

がより複雑になり、何がヒーローをヒーローたらしめているのかを描いて

いるんだ。

と”デアデビル”は身近な地域密着型ヒーローだという事を強調した。

 

新キャラクターについては

パニッシャーヴィランというよりもアンチヒーロー

パニッシャーが登場した時、マットは悪人のレッテルを

貼ってしまうけど、(マットの同僚の)カレンの言葉によって

似通っている部分もあるのではないかと気づいていく。

エレクトラの登場でマット、カレン、エレクトラの三角関係については

カレンにはデアデビルのことを打ち明けられないけれど、

エレクトラはありのままの“デアデビル”を愛してくれるんだ。

とコメント。

 

シーズン3についてコックスは

現時点でシーズン3が制作されるかは僕にはわからないのだけど、『このキャラが登場しないとデアデビルじゃない!』と思う“ブルズアイ”がいつか登場したら嬉しいな。

とさらなる展開に期待をこめて話してくれた。

 

ソース:映画.com