MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

DC映画”ワンダーウーマン”にはユーモアもあるとガル・ガドットが明かす。

f:id:manchester-98-99-rs:20160410214900j:plain

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生”で初披露された

女戦士”ワンダーウーマン” 2017年には”DCエクスティンディッド・ユニバース”

作品としての単独映画も公開されますが、今回主演を務めるガル・ガドットが

英情報サイトにコメントした。

 

映画のテイストについてガル・ガドットは

ユーモラスなおかしさがある一方で、かなりダークでもある。

とコメント。

 

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生”の劇中では

その素性や行動に多くの謎が残ったワンダーウーマンですが

今回の単独映画”Wonder Woman(原題)”ではアマゾン族の

王女として誕生した彼女のヴェールに包まれた部分が明かされる

とのことです。

 

”Wonder Woman(原題)”は全米で2017年6月公開予定です。

 

ソース:映画ナタリー

 

ここで色々明かされるんですね!!たのしみです。