MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

ファンサービスではなく本格参戦!監督が語る ”シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ”におけるスパイダーマンの役割。

f:id:manchester-98-99-rs:20160322204752j:plain

いよいよ4月29日に公開される”シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

同作の監督を務めたルッソ兄弟の弟、アンソニー・ルッソがついに実現した

スパイダーマンの”アベンジャーズ”参戦が与える影響を語ってくれた。

 

いままでスタジオの違いから実現されなかったスパイダーマン

”アベンジャーズ”参戦。登場決定の背景にはファンへのサプライズ

アベンジャーズ側の”ディズニー”とスパイダーマン側の”ソニー”それぞれの

看板シリーズを盛り上げるためのビジネス面における判断も大きく働いている

だろうが、アンソニースパイダーマン参戦が作品のバランスを調整するに

あたり重要な役割を果たしていると語る。

 

同作は”アベンジャーズ”をはじめとするその後の作品で友情を育てていった

アイアンマンとキャプテン・アメリカの対立を描いており、アンソニー

最終的に、二人の物語は、とてもダークな領域にたどりつく。

と語っていたが、そんな本作において暗いだけでなく”笑いと涙のある豊かなストーリー”の構築を目指したと言う。

 

そこで大きな役割を果たしたのがスパイダーマンなのです。

 

アンソニー

僕らは映画のトーンをもっと明るくする必要があると感じていた。

そのために、アベンジャーズメンバーのような精神的な重荷を持たず、

チームとしてまだ何も 経験していない人物を登場させようと思った。

それがスパイダーマン、それにアントマンといったキャラクターなんだ

よ。彼らなら、物語に明るく勝手気ままな 色彩を追加することができると

思ったよ。さらにスパイダーマンは、彼をスカウトするアイアンマンと

特別な関係になり、ほとんどのシーン で共演している。

ピーター・パーカー(スパイダーマンの正体)は、すでに超人的な能力を

手にした状態で映画に登場する。ニューヨークでこっそり 活動する彼の姿

が監視ビデオなんかに映っていて、アイアンマンは誰よりも先に、

彼の正体に気づいていたという設定なんだ。

と物語の一部をすこし告白してくれた。

 

ソース:シネマトゥデイ