MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

チャーリー・コックスが”デアデビル”の魅力と撮影の裏側を語る。その①

f:id:manchester-98-99-rs:20160423074630j:plain

現在シーズン2がNetFlixで配信中のマーベルドラマ”デアデビル”で主人公、

マット・マードックを演じるチャーリー・コックスがプロモーションで

世界中を飛び回っている中、インタビューに答えてくれた。

 

以下:海外ドラマNAVIより抜粋

 

Q:シーズン1のマットはチームプレーより個人プレーの方が目立ってましたが、シーズン2ではチームプレーの方法を少しずつ学んでいっているように思えま す。これから『The Defenders(原題)』(デアデビルジェシカ・ジョーンズなどのヒーローがチームを組んでともに戦う作品)もありますが、彼のこの変化がどう影響 していくと思いますか?

 

コックス

 そうなんだ。シーズン2が終わる頃まで、マットはどちらかと言うと自分一人でやれると思っているんだ。彼はとても頑固だし、自分に近い人 間を絶対に危険な目に遭わせたくないと思っている。彼らに危険が及ぶ事に怯えているんだ。だからあえて彼らを遠ざけ、自分一人で戦ってきた。そしてひと つ、ひとつ勝利を重ねる事で自信をつけ、自分一人でもできると思い込んでいたんだ。でもシーズン2では時に強いられ、時に操られ、チームプレーで戦う事を 余儀なくされる。意外にもマットはそれを楽しんだんだよね。チームで戦うという事に喜びを見出し、共に戦う事も必要だと感じたんだ。『The Defenders』については、どういう内容になるかはまださっぱり分からないけど、もしかしたら彼はこのためにチームワークを理解し始めたのかもしれ ないね。

 

Q:フィスク役のヴィンセント・ドノフリオやフランク・キャッスル役のジョン・バーンサルなど、錚々たる俳優陣がヴィランを演じていますが、彼らと共演してどんな刺激を受けましたか?

 

コックス

二人とも大好きな俳優だったし、彼らの世代の俳優の中ではジョンもヴィンセントもヘビー級の俳優だと思う。共演できた事は素晴らしい体験 だったよ。ヴィンセントは長い間活躍しているし、ジョンのことは『ウォーキング・デッド』や『フューリー』の演技を見て、本当に尊敬していたんだ。厳密に 言うと、ジョンが演じるキャッスルはヴィランというよりもデアデビルとは対立的な立場にあるって感じなんだけど、いずれにしても彼らが参加する事で作品の ステータスも上がるし、俳優としても演技のハードルが上がるから、彼らの出演が決まった時はいっそうワクワクしたよ。

 

Q:撮影中に印象に残っているエピソードはありますか?

 

コックス

シーズン2第3話の階段のシーンは、シーズン1で人気があった廊下のシーンのオマージュみたいなものだったから、撮影前は少しナーバスに なってたんだ。シーズン1のあのシーンは本当に素晴らしいものになったから、それを汚すわけにはいかないという気持ちもあって、演じるのにちょっと躊躇し ていた部分もあったんだけど、一方で作品が始まってから1年が経ち、僕のアクション能力も上がったので喜びも感じてたんだ。一番覚えているのは、最初に ジョン(・バーンサル)を2分間運ばなきゃいけなかった事。あれは最悪だったよ(笑) 本当にキツかった(笑) それと、デアデビルが銃を突き付けて笑みを浮かべるシーンがあるけど、あれはコミックス184巻の「No More Mister Nice Guy」からのイメージなんだ。以前ドラマのファンと会う機会があって、彼らの中でデアデビルというキャラクターがどう映っているのかを知ったから、この シーンを演じた時は「これは絶対にキメないといけない」と思ったんだ。

 

ソース:海外ドラマNAVI

 

チャーリー・コックスは”デアデビル”を演じることをとても楽しみながらやっているけれども、その中には原作を裏切れないと言うプレッシャーとも闘って演じている

事がよくわかるインタビューになっていますね。

 

まだまだ語ってくれていますが、長くなるので続きはその②で