MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

ライアン・レイノルズが語る、”デッドプール” 後編

f:id:manchester-98-99-rs:20160406211504j:plain

引き続きライアン・レイノルズが”デッドプール”を語ります。

 

以下:シネマトゥデイより抜粋

 

Q:いつ頃から『デッドプール』のファンになったのですか?

 

ライアン

 2004年からだよ。『デッドプール』の権利を持っているスタジオの重

役……そのころはニューライン・シネマだったな。重役たちが僕に、

デッドプールは 知っているかい?」って聞いてきたんだ。そこで「知ら

ない」と答えると、「知っておくべきだよ! 君がデッドプールなんだか

ら!」と言ってコミックを送っ てきた。そしたらコミックの中に、「マス

クの下はどうなっているの?」って誰かに聞かれたデッドプールが、「俺

ライアン・レイノルズとシャー・ペイ(犬の一種)を混ぜたように見え

る」って答える場面があったんだよ!

 

(記者:まさに運命的な出会いですね。)

「ワーオ、奇妙だな。だから連中は僕のことを考えていたのか」と思った

のを覚えているよ。そして、コミックを読み続けていくうちに、彼に完全

に感情移入し てしまった。僕と、このキャラクターはとても似た感性を

持っている。僕も彼のように、ポップカルチャーが大好きで、ポップカル

チャーをネタにしたジョーク が大好きだからね。とても魅了され、彼のこ

とが大好きになったタダでもこの役をやりたいと思ったんだ。

 

Q:劇中には、あなたが考えたアドリブもかなり入っているようですね?

 

ライアン

デッドプールにはルールがない。どんなことを言っても、どんなこともで

きる。ファンのみんなが気に入っているセリフ で、X−MENの豪邸を訪れ

デッドプールが、(屋敷にコロッサスとネガソニック・ティーンエイ

ジ・ウォーヘッドの二人しか居ないのを見て)、「スタジオ は、もう一本

『X−MEN』映画をやる金がないみたいだ」と話す場面があるけど、それ

は、僕がふざけて撮ったテイクの一つだったんだ。僕らはそれを映画の 中

に入れ込んで、どうなるか見てみようって感じで、テストスクリーニング

をやったら、観客にとてもウケた。それでそのまま、セリフを残すことに

したんだ。 そういったことがやれる環境が、僕らにはあったんだよ。

 

Q:では、監督経験のないティム・ミラーがこの作品に抜擢された理由はなんだったのでしょう?

 

ライアン

ウルヴァリン』の後で僕らは脚本を書くチャンスを得て、それから多

分、20人ぐらいの監督たちと会った。でも、ティム(・ミラー)に会った

途端、彼こそ この映画の監督だとわかったんだ。彼は、それまで映画を監

督したことはなかったけど、「この人はこの作品を理解している」と感じ

た。僕が監督に求めていた のはそれだけさ。なぜなら、どんなに素晴らし

い監督でも、作品の世界観や題材を理解し、それに通じる感性を持ってい

なければ、絶対にそれをちゃんと描くこ とはできないと思うからさ。

何でそれがわかるかというと、前にそういった経験があったからだ。他の

コミックを基にした映画でね。「これはうまく いっていない。この作品を

うまく生かせるためのものがない」と感じたことがね。でもティムは、

デッドプールのことをちゃんとわかっていた。だから、(彼の バックグラ

ンドが)VFXアーティストだってこともどうでもよかったんだ。でも結果

的に、スタジオを説得するのにそのことが役立った。彼と一緒に作った

デッドプール』のテストフッテージがインターネットに流出して、(そ

れを見たファンが熱狂し)その結果、この映画を作れることになったんだ

からね!

 

映画”デッドプール”は本日公開!!!

 

ソース:シネマトゥデイ

 

むむ!ちょっと興味でてきたかも?? でもまだレンタル鑑賞予定です。