MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

”スーサイド・スクワッド”はR指定ではない模様。

f:id:manchester-98-99-rs:20160612102917j:plain

DCコミックスのヴィラン達が集結するDCエクスティンディッド・ユニバース

作品”スーサイド・スクワッド”はどうやらR指定ではなくPG-13に決まったとの事。

 

DCヒーローたちに捕まって投獄されているヴィラン達が減刑を条件に

過酷な任務に挑む姿を描いた”スーサイド・スクワッド”はその内容から

R指定を望む声も上がっていた、さらに本作のメガホンをとるデヴィッド・エアー

これまで作品はすべてR指定となっていたのもR指定を望む声のなかには含まれていた。

 

ただ今回レーティングR指定ではなくPG-13決まった理由について

最初から最後まで続く暴力とアクションのシーン、挑発的な内容と言葉。

となっていますが、悪役達が大暴れする姿はPG-13でも十分楽しめるという判断である

 

ソース:シネマトゥデイ