MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

MARVELとDCコミックス、それぞれのヒーロー像をまとめてみた。

f:id:manchester-98-99-rs:20160618175112j:plain

f:id:manchester-98-99-rs:20160618175123j:plain

3月からの怒涛のアメコミ映画ラッシュ、しかもマーベルではアイアンマンと

キャプテン・アメリカが激突し、DCコミックスではバットマンとスーパーマン

対決するという超大作続きでした。デッドプールはR-15指定作品では異例の大ヒットと

アメコミ映画の快進撃が駆け抜けた約3か月だったのではないでしょうか?

 

私はマーベルではシネマティック・ユニバース作品を中心に観てきました、

DCは"ARROW"を中心に”ダークナイト”3部作と”マン・オブ・スティール”

最新作”バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生”を観て、現在は

地上波で”FLASH”を観てます。

 

すべてを網羅している訳ではありませんが、ここまで観てきて私なりに

マーベルとDC、お互いが描くヒーロー像を考えてみました。

(あくまでも個人的見解なのであしからず)

 

MARVELは比較的オープン

マーベルヒーローズはアイアンマンをはじめキャプテン・アメリカなど

その正体が比較的オープンであると思います。

 

”アイアンマン”ではラストシーンでスターク自身が

『私がアイアンマンだ』と記者の前で言い放ち、”アイアンマン2”では

サーキット上の観客の目の前でアイアンマンスーツを装着します。

 

キャプテン・アメリカにいたっては”キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー”

の作品内で博物館に歴史を語るブースが存在します。

そして、マーベルの世界ではキャプテン・アメリカはアメリカの英雄になっています。

 

もちろん、正体を隠して活動しているヒーローも存在します。

スパイダーマンデアデビルなど)なので一概にすべてとは言えません。

 

さらにマーベルの世界ではシールドによって結成された”アベンジャーズ”が

その後、シールドから離脱しスタークタワーを利用して自警団として”アベンジャーズ”活動をしています。”アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン”の作品内では

街中にそびえ立つスタークタワーに飛行機が帰還するシーンが観れます。

 

というようにマーベルヒーローは比較的にその正体をオープンに描いていると

思います。

 

DCヒーローズは正体を隠す

マーベルとは逆にDCヒーローはその正体を隠しての活動を描くものが多いと思います

ダークナイト”シリーズでは第1作目の”バットマン・ビギンズ”でブルースは

夜のバットマン活動をカモフラージュするために私生活を派手に遊びまくって

疑いの矛先を向けさせないようにしますが、その結果密かに思いを寄せる

レイチェルに誤解されるというシーンがあります。

ダークナイト”3部作の第2弾”ダークナイト”ではある出来事からバットマン

ある罪を被って生きていく事となります。

 

スーパーマンも”マン・オブ・ステール”で子供のころから人とは違う力を持っている

事に気付きますが、父親からはその事を誰にも見せてはならないと隠すようにいわれ

苦悩する主人公が描かれています。

その後、スーパーマンとして活動することとなってもクラーク・ケントはその

正体を隠して活動していきます。

 

さらにエメラルドの射手”グリーン・アロー”もドラマ版の話になりますが

普段は億万長者のプレイボーイ、オリバー・クイーンとして振る舞っていますが

夜になると弓矢を片手に”グリーン・アロー”として活動しています。

 

DCコミックスのヒーロー映画やドラマでは

大切なひとを守りたいならマスクをつけろ

正体を明かして活動すれば家族や恋人、友人に被害が向かってしまう。

だから正体を隠し、第三者の存在を作りなさいということを唱えています。

 

 

最後に

ここまで書いてみましたが、これは私が今まで観てきた映画やドラマの

中で感じた印象です、個人的見解なのでその辺はご理解お願いします。

(いや、そんなことない!と思われる方もいると思います)

感じた事や思った事は人それぞれですので。