MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

ザック・スナイダー、”DCヒーロー映画”の進化を語る。その②

f:id:manchester-98-99-rs:20160618115615j:plain

引き続き、ザック・スナイダーが語る”DCヒーロー映画”の進化を語る。

 

以下:映画.comより抜粋

 

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生”で登場した高速移動のできる

ヒーロー”フラッシュ”の登場シーンにはユーモアがちりばめられており、

 

スナイダー監督も

「シリーズがいかに進化しているか理解できる。

と自身をのぞかせた。

 

気になるストーリーは

人間に対する信頼を取り戻し、スーパーマンの無私無欲な行動に奮い立た

されたブルース・ウェインことバットマンが、さらなる脅威に立ち向かう

ため、新しく 仲間になったワンダーウーマンとともに、“メタヒューマン”

のチームを立ち上げるべくメンバー(アクアマン、フラッシュ、サイボー

グ)を探すというもの。

 

前作との違いについてスナイダーは

バットマンには使命があり、その使命とそれ以外に自分がしなければなら

ないことをはっきり理解していること。

登場人物たちは闘争に引き込まれ、僕に言わせると『荒野の七人』的な

チームを構築していくような箇所もある。

バットモービルに乗れ!』とか言って一致団結しなければならない場面

もあるかも?

と語った。

 

スーパーマンについては

スーパーマンにはスーパーマンになる理由を持ってほしかった。

モラルの象徴となるまでに何かを体験させなければならないと感じた。

と明かし

 

さらに前作の結末を踏まえて

僕はスーパーマンが今作にも登場するとは言っていないよ。

登場するとしたら、それは物語の大きな部分だろうね(笑)

と煙に巻いた。

 

ジャスティス・リーグ”は2017年公開予定です。

 

ソース:映画.com