MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

”ローランド・エメリッヒ”ヒーロー映画を批判。

f:id:manchester-98-99-rs:20160627203254j:plain

インデペンデンス・デイ”の続編”インデペンデンス・デイ/リサージェンス”が

7月9日に公開が迫っている中、メガホンを取ったローランド・エメリッヒ

最近のヒーロー映画ラッシュに痛烈なコメントを発した。

 

デイ・アフター・トゥモロー『2012』ホワイトハウス・ダウン』など

のディザスター(災害・惨事・災い)映画やアクション映画を主に手掛ける

同監督が最近、ハリウッドを席巻しているヒーロー映画について語った。

 

エメリッヒ

 僕の映画は、ヒーローとは程遠い人たちを描いている。ほとんどのマーベ

ル映画は、おかしなスーツを着て走り回る人々が登場するけど、

僕はマントを着けた奴らは好きじゃないね。

スーパーヒーローのスーツを身に着けて空を飛ぶなんて、全くバカげてい

る。僕には理解できないよ。多分、僕が(アメリカ生まれではなく)

ドイツで育ったからそう感じるのかもね。

と痛烈批判。

 

ソース:シネマトゥデイ

 

アメコミムービーファンからしたら聞き捨てならない話ですよ(怒)

個人的な見解ですけど、非現実的な映画があって現実的な映画も活きてくると

思うんですよ。その逆もしかりです。

なので、自分にないものをすべて否定するのはどーかと思うよ、エメリッヒさん