MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

マイク・コルターが語る”ルーク・ケイジ”その①

f:id:manchester-98-99-rs:20160723103343j:plain

NetFlixとマーベル共同制作ドラマ”ルーク・ケイジ”の配信が迫っている中、今回は

主演を務めるマイク・コルターが”ルーク・ケイジ”について語ってくれた。

 

以下:ガジェット通信より抜粋

 

Q:『ルーク・ケイジ』の配信が今から待ち遠しいです! 『ジェシカ・ジョーンズ』

を観た限り、ルーク・ケイジは肉弾戦において最強に近いヒーローだと思うのですが、

主演作ではどのようなピンチが待ち受けているのでしょうか?

 

コルター

 ジェシカと同じく、ルークは過去の何かから逃げていて、今の生活ではそ

れを横に置いてしまっている。そのことが、今のルークを形成しているん

だ。今の自分 が何者であるかというのは、人間なら誰しも、幼少期の出来

事に起因していることが多いと思う。大きくなっても向き合うべき問題と

いうのは変らない。ルーク の物語は、彼がいかにして大人へと成長して

いったか、そして、いかにしてスーパーヒーローになっていくのか、

その両面をパラレルで描いていくんだ。

 

Q:『ルーク・ケイジ』は、作風やトーンの面でこれまでのシリーズと違いがあるのでしょうか。

 

コルター

 ニューヨークのハーレムを舞台にしているのが一番の特徴だ。

マンハッタンがテレビでよく見るニューヨークの街並みなの に対して、

ハーレムはアフリカ系アメリカ人の文化が根強い。最近は様々な人種の

人々がハーレムを「ホーム」と呼んで、昔とは少し変わってきているけど

ね。 そういうストリートで培われた豊かなカルチャーが詰め込まれている

し、ヒップホップなどの音楽を多用しているのも注目して欲しいな。

 

Q:様々なヒーローがいる中で、ご自身が考えるルーク・ケイジの一番の魅力は何でしょうか?

 

コルター

 まずはアフリカ系アメリカ人のヒーローだということ。あとはかつて投獄

されていて、後天的に能力を得たところもユニークだと思う。彼はスー

パーヒーローに なりたいと思っていない。人に注目されるのが得意じゃな

いし、すごく謙虚なキャラクターだ。能力をひけらかすのではなく、人か

ら必要とされるから仕方なく 力を発揮するだけなんだ。

 

その②へつづく

 

ソース:ガジェット通信