MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

”スーサイド・スクワッド”、ジョーカーのシーン大量カットの模様・・

f:id:manchester-98-99-rs:20160805225531j:plain

DCエクスティンディッド・ユニバース作品となるDCヴィランが集結した”スーサイド・スクワッド”でジャレット・レトー演じるジョーカーの出演シーンが大量カットされていることがわかった。

 

海外サイトColliderによると”スーサイド・スクワッド”彼(レトー)のシーンは10分~12分程度しかないそうだ。

 

他にも撮影されたシーンはあったのか?と直撃インタビューされたレトーは

ああ、たくさんあったよ。最終的な映画に含まれなかったシーンがたくさんある。願わくば、いつか日の目を見ればいいんだけど。どうなるかなんてわからないけどね。

とコメントした。

 

監督のデイヴィット・エアーは削除したシーンがたくさんあった事を認めた上で

でもこの最終版が僕のカットだ。もう一つのバージョンなんてないんだよ

映画の脚本を書いて、撮影して、監督することで一番タフなのは、愛するシーンたちを捨てなくてはいけないことだ。映画づくりは民主制じゃなくて、独裁制だからね(笑)。クールで、カリスマ的な魅力のあるシーンでも、生き残れるとは限らないんだ。

とシーンの削除は監督にとっても苦汁の決断だったと明かした。

 

ジョーカー”はバットマンシリーズでも最も人気のある悪役であるが、ジャレット版の”ジョーカー”が大いに躍動する姿はまだ先のようだ。

 

ソース:シネマトゥデイ