MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

『冒険みたいだった』と語る、ジャレット・レトー

f:id:manchester-98-99-rs:20161112170454j:plain

DCヴィランが集結した”スーサイド・スクワッド”で新たな”ジョーカー”を演じたジャレット・レトーが”ジョーカー”役を振り返り『まるで冒険のみたいだった』と語った。

 

レトー

ジョーカーという役柄は、これまでいつも見事に解釈されてきた。とはいえ別の一面もある。(ジョーカーについて)僕らがほかに描けることは?”、“物語や人物に別の側面はないか?”、“まだ誰もやっていないことは?”ってね。僕にとっては、まるで探検や冒険みたいだったし、限界に挑んでいるようだったよ。すぐに気合いが入ったね。(人物に)深く潜って、僕自身が見たこともない地点まで到達しなきゃいけないと思った。

と”ジョーカー”役を演じることについて語った。

 

レトーからジョーカーへと変わっていく姿を見て監督のエアーは次のように語った。

 

エアー

ジョーカーについて理解し、ジャレッドの役づくりを手助けしている間、僕はジャレッドに少しだけさよならを言わなきゃならなかった。彼は消えてしまい、ゆっくりと、確実にジョーカーに取って代わられたのさ。見ていて惚れ惚れする変化だったよ。(レトは)とても奥深くて、本当にいい男だよ。思いやりのある人間だ。ジョーカーは……本当にいい男だとは言えないもんな。

とレトーの役作りを称賛した。

 

ソース:ORIVER cinema