MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

期待と不安が入り混じる新”バットマン”は新解釈で描かれる??

f:id:manchester-98-99-rs:20161116222450j:plain

DCエクスティンディッド・ユニバース作品で単独映画として制作される”The Batman”はベン・アフレックによって新解釈として描かれるとメインヴィラン”デスストローク”を演じるジョー・マンガニエロが明かしてくれた。

 

DCEUはこれまで”マン・オブ・スティール”を始まりの位置とし、”バットマンvsスーパーマン/ジャスティスの誕生”、”スーサイド・スクワッド”と3本公開されましたがどうも評価が芳しくない状況なのでこの”The Batman”は『失敗できない作品だ』と以前ベン・アフレックは語っており、本作にはDCコミックス幹部でDCEUを統括するジェフ・ジョンズも共同脚本として参加している。

しかし”デスストローク”を演じるジョー・マンガニエロが”The Batman”について興味深い発言をしている。

 

ジョー・マンガニエロ

彼(ベン・アフレック)の解釈は斬新で、観客はきっと驚くと思う。マジで誰も通ってない道筋だし、“バットマンとは何者か?”を描くには不可欠なものだ。新しくもあり、同時によく親しまれたものになる。多くの人が喜ぶ方向にシリーズを導くと思うよ。骨太で、アクションが詰まってて、知的で、人々に愛されるバットマンの要素がすべて入った映画になる。

と、ベン版”The Batman”は驚きの新解釈で描かれるが”バットマン”らしい作品にもなると明かしてくれた。

 

ソース:ORIVER cinema