MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

”アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”の新世界観の開拓と課題。

f:id:manchester-98-99-rs:20170119200308j:plain

2018年に公開される予定のマーベル・シネマティック・ユニバース集大成作品となるであろう”アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”についてMCU4作品に関わったチャールズ・ウッドがMCUでまだ見ぬ世界の開拓とそれを表現する映像について語ってくれた。

 

チャールズ・ウッドは”インフィニティ・ウォー”の脚本を読んで

ページをめくるたび、目の前にあるものに驚かされたし、圧倒されたし、恐れを感じたよ。『ドクター・ストレンジ』と同様、この映画は(過去の)繰り返しではない作品だと思うよ。要するに、この映画には新しい世界がたくさん、たくさん登場するんだ。

と語った。

 

今回多くのマーベルヒーローが登場する”インフィニティ・ウォー”での世界観の表現についてはウッド氏には大きな課題があるようだ。

 

アベンジャーズは都市、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーは宇宙、ドクター・ストレンジは異次元とそれぞれ違う世界観を一つにまとめなくてはならない。

ただ1つにまとめるのではなくてそれぞれの世界観を上手く織り交ぜながら表現していかなくてはならないという大きな課題があると語っている。

 

ソース:ORIVER cinema