読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

ベン・アフレック、”バットマン”の質問にうんざり??

f:id:manchester-98-99-rs:20170119194709j:plain

DCエクスティンディッド・ユニバース作品となるバットマン単独映画”The Batman”の脚本は時間をかけてイイものを作り出そうとしていますが、”MARVEL vs DC”でも度々”The Batman”の進捗情報を伝えている中、監督・脚本・主演を務めるベン・アフレックは毎回浴びせられるバットマンについての質問にうんざりしているようである。

 

ベン・アフレック

ああ、もう、本当にうっとうしいんだよ。バットマンについて話すと、そのたび(発言が)クリック数を稼ぐ見出しになる。この映画(『夜に生きる』)の準備には二年かかってるけど、誰にも“『夜に生きる』はどうなってるの?”とは聞かれなかったぞ。みんな“バットマン、バットマン、バットマン”だ。バットマン(の映画)は進んでるよ、素晴らしい映画になる。スゴく特別なものを作ろうとしてるんだ。成功させるために時間をかけるんだよ。いい映画にするつもりだ。

と『夜に生きる』のプロモーションでもバットマンの質問に終始するマスコミにかなりの苛立ちを見せているようだ。

 

TV出演時にもベンはバットマンについての質問ばかりされることについて、こう語った。

 

ベン・アフレック

(『The Batman』について聞かれることが)とてもイライラするんだ。『夜に生きる』は一年半前から脚本を書いて、準備して、一生懸命に作ってきた。でも誰も興味なんて示さなかっただろ! でもバットマンの方は、やってる途中から“バットマンのクソ脚本はどうなってますか!?”だ。“ああ…やってるよ!待ってくれよ!”って感じさ。

 

ソース:ORIVER cinema

 

やっぱりDC映画の復活を世界中のみんなが望んでいるんだよ!!

だから執拗に聞いてくるんですよ、ベンさん。

バットマンを演じるということは、そう言うことなんだと思うなー

 

でも『夜に生きる』ついても聞いてあげてね