MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

デイヴィッド・エアー、”スーサイド・スクワッド”の後悔を語る。

f:id:manchester-98-99-rs:20170123213715j:plain

DCエクスティンディッド・ユニバース作品でDCヴィランが集結した”スーサイド・スクワッド”は2016年、多くの期待を受けながらハーレイ・クインの悪カワ旋風しかインパクトを残せなかったと期待通りの結果を残せなかったが、監督を務めたデイヴィッド・エアーが素直に後悔を語った。

 

”スーサイド・スクワッド”の大ファンがエアーに感謝を込めたツイートを送ったことに対してのエアーが返信したが、その内容は正直に撮影の後悔を綴っていた。

 

エアー

本当にありがとう。映画(『スーサイド・スクワッド』)が議論を呼んだことはよく知ってる。僕は、(コミックが)本来もっているルックスや声色とは違うものを懸命に作ろうとしたんだ。

 

オリジナルのコミックにある狂気には刺激を受けたよ。でも映画作りは旅みたいなもので、まっすぐの道筋じゃない。多くのことを学んだね。人々には求めるものがあって、それぞれのキャラクターに、みんなが“こう見えるべきだ、こう歩くべきだ、こう話すべきだ”というビジョンを持ってる。大勢に受け入れられる映画を目指すなら、ありきたりな作品に落ち着けるのがたやすい。でも僕は(そうはならないように)努めたよ。『スーサイド・スクワッド』に欠陥があるのは認める……いや、世界が知ってるよな。手に取った新聞で、数年間の血と汗と涙が散々に書かれてるのを見ること程つらいことはない。世の中には憎しみのゲームが渦巻いてるよ。

 

と素直に苦戦した事を認めたエアーはさらに続けて

 

映画は商業的にとても成功した。DCユニバースのスゴくクールなキャラクターを世界に紹介できたよ。でも成功したのは、DC(コミックス)やキャラクターの素晴らしさや力によるものだ。僕が(それらとは)別のことをしようとしたかって? もちろんやったさ。

 

もしタイムマシンが手に入ったら、ジョーカーをメインのヴィランにして、もっと地に足の着いたストーリーを作るよ。楽しいことも辛いことも味わうべきだし、そこから学ばなきゃいけないな。映画を作るのもDCも大好きだ。高校を中退して、生きるために家を塗ってた僕が、この仕事を手にしたのはすごく幸運なことさ。次回はキャラクターにふさわしいストーリーとプロットを用意しなきゃいけない。正直な気持ちだよ。(ああ、でも、ジョーカーのシーンがたくさん入った裏編集版がどこかの鉱山に隠されてるなんてことはないからね)

と締めくくり、ジョーカーをメインヴィランに据えればよかったかもと後悔をのぞかせた。

 

ここでの『次回は・・』はおそらくハーレイ・クインのスピンオフとなる”Gotham city sirens/ゴッサム・シティ・サイレンス”の事を指しているだろう。

次回作もヴィランを主人公にした作品となるのでエアーはリベンジを誓っているようだ。

 

ソース:ORIVER cinema