MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

ペイトン・リードは”アントマン/アンド・ザ・ワスプ”のキャラクターについて語る。

f:id:manchester-98-99-rs:20171226215404j:plain

マーベル・シネマティック・ユニバース作品となる”アントマン”は再びペイトン・リードによって続編”アントマン/アンド・ザ・ワスプ”として制作されます。

 

第1作目からのストーリーラインから”アントマン”は大きく状況は変わりました。

”アントマン”ことスコット・ラングは”シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ”でアイアンマンたちと戦い、逮捕されました。

後に刑務所から脱獄しますが、彼は現在逃亡者です。

しかも今回は国際的逃亡者となってしまいます。

 

こうしたスコット・ラングの世界的状況は”アントマン/アンド・ザ・ワスプ”で登場する他のキャラクターに大きな影響を及ぼすことになるでしょう。

 

ペイトン・リードは主なキャストメンバーのそれぞれがどのようなストーリーを持っているかを教えいてくれた。

 

”アントマン”=スコット・ラング

”シビル・ウォー”での事件に参戦することにハンクとホープは反対していた、しかしスコットはキャプテンのもとへと向かい”アントマン”の技術が世界に示されたことを示唆しています。

 

”ワスプ”=ホープ・ヴァン・ダイン

今作の主人公は彼女です。

彼女のパワーセットは素晴らしいです。

スコットもホープも共に縮小します、しかしワスプは飛行があり、それはアントマンと戦闘スタイルが異ることを示します。

 

ハンク・ピム

”シビル・ウォー”に参戦したスコットとの関係性も気になりますが、彼の最大の興味は”量子の世界”とジャネットがまだ生きているかに絞られます。

 

ジャネット・ヴァン・ダイン

彼女はとても重要なキャラクターです。

”量子の世界”で30年を費やしてもし生き残っていれば、効果があると言えるのは公平です。

一体、彼女は何を食べていたのか?

食べていたとしたら量子の穀物です。

 

ソース:Comic Book Movie(海外サイト)