MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

ジェイソン・モモアはザック・スナイダーに感謝する。

f:id:manchester-98-99-rs:20171022092930j:plain

DCフィルム・ユニバースとして公開される”アクアマン”は先日、モモアとアンバー・ハードのビーチ撮影後、公式にクランクアップを告げました。

 

同作で主人公アーサー・カリー=アクアマンを演じたジェイソン・モモアは”ジャスティス・リーグ”でアクアマン役として自身を選んでくれたザック・スナイダーに感謝していると語っている。

 

ジェイソン・モモア

ザックは私の人生を救ってくれた。

私が今、ここにいるのはザックのおかげです。

ですから私は彼に感謝しています。

 

原作ファンであればご承知だと思いますが、コミックスでの”アクアマン”と映画版の”アクアマン”とではビジュアルが異なります。

なのでザックがアーサー・カリー役としてモモアに近づいた時は、正直驚いたらしいが、ザックはすでに”アクアマン”のビジョンを念頭に置いていたと語っている。

 

ジェイソン・モモア

 私はコミックスでの”アクアマン”を知っていたので、話が来たときには驚きました。

しかし、ザックは”ゲーム・オブ・スローンズ”での私を評価してくれていました。

 

モモア版”アクアマン”の1つの特徴として入れ墨が入っています。

モモアとザックはキャラクターについて話し合いをしましたが、入れ墨の案はザックの提案だったようだ。

 

ジェイソン・モモア

ザック・スナイダーは入れ墨を入れようと考えていましたが、しかし誰もがブロンドカラーの髪を欲しがっていました。

と明かし、入れ墨はザック・スナイダーの提案だったようだ。

 

ソース:Comic Book@DC(海外サイト)