MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

ジェイソン・モモアはヒーローの多様性を信じている。

f:id:manchester-98-99-rs:20180101103135j:plain

”ジャスティス・リーグ”で本格デビューを果たしたジェイソン・モモアのアクアマンは単独映画公開が迫ってきています。

アトランティスの王位継承者としての役割を担っていますが、今、モモアは映画の多様性がどのようにファンを喜ばせるかを訴えています。

 

最新のインタビューでもモアは大画面で自身が演じるキャラクターに自分がどのように見えるかを説明している。

 

ジェイソン・モモア

 彼(アーサー・カリー)はアトランティス人と人間のハーフと言うことを愛している。

アーサー・カリーは人間の父親とアトランティスの母親から生まれました。

母親は水中王国の王族でした、コミックスでは彼は父親に育てられ年を取った時の遺産を学ぶだけです。

壊れた家庭にいると感じている子どもたちがたくさんいると思うので、彼(アーサー・カリー)がそれに対処するのは素晴らしかった。

と語り、スーパーヒーローを描くことに誇りを持ち、他の子どもたちがそれを見分けるができると感じてるようだ。

 

 ソース:Comic Book@DC(海外サイト)

 

この考えがやっぱりDCらしさだと思うんですよね。