MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

”アベンジャーズ4”に1960年代のフラッシュバックシーンあり?

f:id:manchester-98-99-rs:20170918082331j:plain

マーベル・シネマティック・ユニバース作品である”アベンジャーズ4”は現在撮影中ですが、その多くはまだ謎に包まれています。

 

先日は真田広之が”アベンジャーズ4”に出演するという報道があり、日本の舞台はホークアイの新たなアイデンティティと共に重要な役割を果たすと思われますが、今回新たなキャスティング・コール・シートには1960年代が設定されている模様である。

 

20代から50代の染めていない髪で肩までの長さ、現代的なヘアスタイルではない白人女性と女性エンジニアとして同じく20代から50代の染めていない髪で肩より短めのこちらも同じく現代的なヘアスタイルではない白人女性の募集を行っている模様。

 

一人目は”秘書”と書かれており、少し役割と違うがペギー・カーターのボディ・ダブルなのではないかと推測され、もう1人には”小さなシーンでの技術的描写”と書かれている事で初代ワスプではないかと推測されてる。

 

”アベンジャーズ4”はまだ多くの謎があり”アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”のストーリーに考慮してタイトルですら正式に発表されていません。

 

ただ1960年代のフラッシュバックシーンがあるとすればそれはサノスとの戦いの為の重要な役割を果たすのではないかと伝えている。

 

ソース:MCU Exchange(海外サイト)