MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

”バットガール”はもはやテーブルにいない??とのウワサ。

f:id:manchester-98-99-rs:20180116210647j:plain

DCフィルム・ユニバースは”ワンダーウーマン”の成功で勢いをつけてアッセンブル映画として”ジャスティス・リーグ”を公開しました。

 

DCフィルム・ユニバースにとって大きな期待を背負って公開された”ジャスティス・リーグ”は興収的には不調に終ったと言わざる負えないでしょう。

 

監督を努めたザック・スナイダーは身内の不幸により、志半ばで映画から離れました。

その後、マーベルで”アベンジャーズ”などを手がけたジョス・ウェドンが映画を引き継ぎました。ウェドンは”ジャスティス・リーグ”にこれまでDC映画になかった明るさとユーモアをもたらし、また上映時間が比較的長いとされているDC映画には珍しく120分弱というコンパクトさも与えました。

 

それでも不調に終わってしまった影響でワーナーはDCフィルム・ユニバースの再構築に打って出ることになります。

これが影響しているのかは不明ですが、一部ウワサでは最近のDCフィルムに対する否定的な報道に”バットガール”はもはやDCFUのプロジェクトにいないと言うウワサが出てきています。

 

しかしEntertainment Weeklyは脚本作業は続けられていると報じており、プロジェクトは進行しているとも報じています。

 

ソース:Comic Book@DC(海外サイト)