MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

DCEUの”デスストローク”は事実上消滅か?

f:id:manchester-98-99-rs:20170912224252j:plain

CWで放送中のDCドラマは映画のDCエクスティンディッド・ユニバースと連動していない。

 その為、DCは映画で使用予定のキャラクターをドラマでカブらないようにフェードアウトするように支持していたらしく、”ARROW"おけるデスストロークやスーサイド・スクワッドはドラマから消滅しました。

 

しかし”ARROW”の最新シーズンでデスストロークが帰ってきます。

この復帰についてエグゼクティブ・プロデューサーのマーク・グッゲンハイムが経緯を説明してくれた。

 

グッゲンハイムによると”ARROW”シーズン6でデスストロークを使いたいとDCに頼みに行ったがDCは当初、まだDCEUの要件内であるとして認めなかったようだが、それは変更されたと明かしている。

 

ジョー・マンガニエロの”デスストローク”はジャスティス・リーグでカメオ出演する予定でありベン・アフレックのバットマン単独映画”The Batman”でメインヴィランを務める予定でしたが当初監督・脚本を努めるはずだったベン・アフレックが降板し、マット・リーヴスが後任として起用されたことで脚本が書き直され、事実上ジョー・マンガニエロの”デスストローク”は消滅することになる。

 

ソース:Collider(海外サイト)