MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

ケヴィン・ファイギの”ブラックパンサー”への想い。

f:id:manchester-98-99-rs:20180131205406j:plain

マーベル・シネマティック・ユニバースの新たなヒーロー”ブラックパンサー”はワールド・プレミアで高評価を得ており、おそらくMCUのデビューソロ映画として新たな記録を打ち立てると思われます。

 

マーベル・スタジオCEOケヴィン・ファイギはとりわけ”ブラックパンサー”を大事に温めていたようであり、登場までの計画を明かしてくれた。

 

ケヴィン・ファイギ

”ブラックパンサー”のデビューの為に種を植えていたんだ。

”アイアンマン2”の終わりにはニック・フューリーとトニー・スタークがアベンジャーズ始動について初めて話し合う時、秘密の場所へ連れて行った、そこで映し出されていた地図はアフリカを指しています。

”アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン”では初めて『ヴィブラニウム』について語られます。

そして”ブラックパンサー”は”シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ”でデビューします。

 

このようにマーベル・スタジオは”ブラックパンサー”を描くまでに多くのイースターエッグを散りばめていたと明かしている。

 

そして”シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ”でのティ・チャラの中立性は最終的にMCUに彼を導く大きな要因となったようだ。

 

ソース:Comic Book@Marvel(海外サイト)