MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

”デアデビル”チャーリー・コックスは『ヒーローを演じるには少し歳だった』と明かす。

f:id:manchester-98-99-rs:20170901220656j:plain

NetFlixマーベルドラマの先陣を切った”デアデビル”は2018年にはシーズン3を迎えますが主演を務めるチャーリー・コックスはヒーローを演じるまで時間が掛かったと明かしている。

 

チャーリー・コックス

私が20代のころ、ロンドンで役者をやって いましたがロサンゼルスに来て仕事をしようと思っていました。

当時、同じように仕事を探していた親愛なる友人たちの数人はスーパーヒーローになった。

アンドリュー・ガーフィールドはスパイダーマンに、トム・ヒドルストンはヒーローではないがロキに、ヘンリー・カヴィルはスーパーマンになったよ。

でも”デアデビル”のマッド・マードックについて私に関心を持ってくれたことは素晴らしい驚きでした。

と語り、”デアデビル”との出会いは素晴らしいものだと明かしてくれた。

 

ソース:Comic Book@Marvel(海外サイト)