MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

”デアデビル”プロデューサー、『さらにマーベル作品を求めて戻りたい』と明かす。

f:id:manchester-98-99-rs:20171228010611j:plain

多くのマーベルTVファンにとってNetFlixの”デアデビル”のファースト・シーズンは実質的に完璧で、多くの成功を収めました。

 

ファースト・シーズンでプロデューサーを努めたスティーブン・デナイトはシーズン1の成功をもたらした後、他のプロジェクトの為に”デアデビル”から離れましたが、またマーベルの仕事に戻りたいと思っているとのこと。

 

ツイッターでファンはデナイトに再びより多くのマーベルプロジェクトに復帰してほしいとつぶやき、デナイトはスケジュールの都合が合えばマーベルでもっと仕事がしたいと回答した。

 

デナイトはトランスフォーマー・ユニバースのプロジェクトに参加していることを発表しましたので、スケジュールの時間を見つける事が本当の挑戦であるかも知れません。

 

デナイトの復帰を望んでいるのはファンだけではありません。

シーズン1のメインヴィランだったウィルソン・フィスク(キングピン)を演じたヴィンセント・ドノフリオもデナイトの復帰を望んでいる一人です。

 

ドノフリオはシーズン3のショーランナーを務めているエリック・オレセンの方向性には満足していると前置きをして

デナイトのファースト・シーズンを上回るのは難しいがオレセンは非常に優れた作家だ。

と語ってくれた。

 

ソース:Comic Book@Marvel(海外サイト)