MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

タイム・ワーナーとAT&Tの合併が承認される。

f:id:manchester-98-99-rs:20180613194639j:plain

予てより進められていたタイム・ワーナーとAT&Tの交渉は連邦裁判所の承認を受けて正式に合併へと向かことになりました。

 

約2年間に渡り、進められていた合併交渉は法務省が独占禁止法の調査が入り、数カ月その通路のブロックに耐えていました。

そして、この度連邦裁判所の正式な承認を受け、この2社は正式に合併することになり、それは850億ドルの価値があると予想されています。

 

連邦裁判所の今回の決定は今後、数十年の間、技術、電気通信、メディア業界に幅広い影響を与えると報じられています。

 

GBH Insightsの最高戦略責任者であるダニエル・アイビス

今回の契約はタイム・ワーナーのプロパティとAT&Tの間にコンテンツとストリーミング・イニシアチブ(先導)を加速し、これらの資産を1つのフィードの下に持つ他のケーブル・アンド・ワイヤレス・プレイヤーにとって大きなチャンスになるだろう。

と見解を示しています。

 

 タイム・ワーナーの資産の中にはワーナー・ブラザースとDCコミックスも含まれており、これらの将来に与える影響はまだわかりません。

 

一部報道では、ワーナー・ブラザースはDCコミックス関連の資産の売却も検討しているともいわれており、もしこの報道が事実ならDCフィルム・ユニバースの存続にも関わる可能性が出てきます。

 

ソース:Comic Book@DC(海外サイト)