MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

ケヴィン・スミス、DCフィルム・ユニバースのスタイルについて語る。

f:id:manchester-98-99-rs:20171017220520j:plain

DCフィルム・ユニバースは最近、ユニバースの方向性を発表しました。

 

この発表はDCFUファンの間では物議を呼びました。

DCフィルム・ユニバースはマーベル・シネマティック・ユニバースのように多くのキャラクターがストーリーを共有するような作りにはせず、それぞれのスタンドアロン映画としてプロジェクトを構築していくと言うことらしい。

 

これに対してDCコミックスの作家であるケヴィン・スミスは自身の見解について語った。

 

ケヴィン・スミス

DCFUは同じ連続性を共有していますが、あらゆる映画の繋がりよりも多くのクリエーターベースのストーリーに焦点を当てています。

これはとても興味深いです。

と語りDCのこの試みに対して興味深い方法だと語った。

 

さらにスミスは

彼らがマーベルがつくったテンプレートから逸脱していることは知っています。

ワーナーがスーパーヒーローの空間で彼らの道を鍛えようとしています。それはとても面白いです。

だから私は反対しない。

と語り、最近多くなったシネマティック・ユニバースのすべてが映画と映画の間を行き来するやり方であるべきだとは思っていないと考えているようだ。

 

ソース:Comic Book@DC(海外サイト)