MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

ヘンリー・カヴィル、『”ワンダーウーマン”がユニバースを正しい方向へ導く第一歩になる』

f:id:manchester-98-99-rs:20171102220456j:plain

DCフィルム・ユニバースはこれまでマーベルがやってきた事より暗く、シリアスで重厚なストーリーを軸に描くスタイルを取っていました。それはザック・スナイダーとワーナーが当初、目指していた方向性だった。

 

しかしザック・スナイダーが指揮した”マン・オブ・スティール”、”バットマンvスーパーマン/ジャスティスの誕生”は観客や批評家たちに受け入れられなかった。

 

スーパーマンを演じているヘンリー・カヴィルはDCFUの苦悩を正直に話してくれた。

 

カヴィル

仮にマーベルが存在していなかったとしても、(このスタイルでは)私たちは苦労しただろう。

彼ら(スナイダー、ワーナー)がこれまでやってきたスタイルがあり、それは異なった視点から見る試みだったが、それは必ずしも機能しませんでした。

それらは(マン・オブ・スティールやBvS)興行収入的には成功の部類に入るかもしれないが、スーパーヒーローが観客に与えるべき感覚を与えていません。

と語りストレートに苦悩を明かしてくれた。

 

しかしカヴィルは”ワンダーウーマン”の成功が状況を変えてくれると語っている。

 

カヴィル

女性ヒーローにとって素晴らしい時だと思う。

それは社会政治の完璧な設定であり、我々にはそれが必要だ。

”ワンダーウーマン”は理想的な時を打ち破って驚異的な成功を収めました。

私はスーパーマンの物語をまだ続けたいのでユニバース内の映画の成功を嬉しく思います。

”ワンダーウーマン”はユニバースを正しい方向に導く第一歩になるでしょう。

と語ってくれた。

 

ソース:Comic Book Movie(海外サイト)