MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

ヘンリー・カヴィルは再びスーパーマンを描ける事に興奮する。

f:id:manchester-98-99-rs:20171121215542j:plain

ベン・アフレックのバットマンとガル・ガドットのワンダーウーマンはDCフィルム・ユニバースと3作品出演でサインしているが、スーパーマンを演じるヘンリー・カヴィルは4作品の映画出演でサインしているよである。

 

すでにカヴィルは”マン・オブ・スティール”、”バットマンvスーパーマン/ジャスティスの誕生”、”ジャスティス・リーグ”と3作品出演していますが、DCFUではあと1作品出演するよである。

 

おそらく、まだ本格始動はされていない”マン・オブ・スティール2”で再びスーパーマンの物語を描くことになりそうだ。

 

ヘンリー・カヴィル

スーパーマンのストーリーを伝える絶好の機会がある。

ストーリーに基づいた非常に複雑でキャラクター駆動の映画に、その素晴らしさと希望と幸福感を与えるチャンスがあります。

と語り、再びスーパーマンの映画が出来ることに興奮しているようだ。

 

ソース:LA Times(海外サイト)