MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

マーゴット・ロビーはプロデューサーは監督を信頼することだと語る。

f:id:manchester-98-99-rs:20171203170314j:plain

DCフィルム・ユニバースではハーレイ・クインを演じているマーゴット・ロビーは最新のインタビューでプロデューサーとは”監督を信頼すること”だと語っている。

 

マーゴット・ロビーは最新作”I Tonya”で多くのオスカーの話題を集めていますが、マーゴット・ロビーと言う名前を広めたのはDCFUの映画の中のキャラクターのヒットがあった事だと語り、DCフィルムズのプロデューサーには感謝していると明かしている。

 

ロビーはそれを踏まえて良いプロデューサーに必要な事を教えてくれた。

 

マーゴット・ロビー

良いプロデューサーは監督を信頼し、その監督のヴィジョンを可能にすることです。それだけです。

それがあなたの監督のヴィジョンならば、それを可能にする為にあなたはすべての力を行う必要があります。

と答え、プロデューサーは監督選びが重要だとの考えを示した。

 

ソース:Metro(海外サイト)