MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

ザック・スナイダー、”ジャスティス・リーグ”のアスペクト比が以前の映画と違う理由を語る。

f:id:manchester-98-99-rs:20170920204602j:plain

DCエクスティンディッド・ユニバース作品となる”ジャスティス・リーグ”のトレーラーであることに気づきませんか?

 

ザック・スナイダーのDCEU前作となる”バットマンvスーパーマン/ジャスティスの誕生”と”ジャスティス・リーグ”とではアスペクト比(長辺と短辺の比率)の違いがあります。

 

ザック・スナイダーはその理由についてIMAXが関係していると明かしている。

BvSでは使用したIMAX撮影を”ジャスティス・リーグ”では行わなかったようである。

 

ザック・スナイダー

 私はBvSの時、IMAX撮影を行いました。

それはとても面白かったです。

とBvS時にIMAXの魅力に取り憑かれたにも関わらず、ジャスティス・リーグではその方法を取らなかった。

 

ザック・スナイダー

ある種、巨大で長方形のアスペクト比が小さいので”ジャスティス・リーグ”は1:85で撮ったんだ。

ちなみにBvSは2.39:1で撮影。

 

Batman NewsではBvSとジャスティス・リーグの比較がわかりやすく画像で紹介しています。

 

”バットマンvスーパーマン/ジャスティスの誕生”

f:id:manchester-98-99-rs:20170930222153j:plain

 

”ジャスティス・リーグ”

f:id:manchester-98-99-rs:20170930222227j:plain

 

ソース:Batman News(海外サイト)