MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

ベン・アフレック、BvSの批判は一部『正しい』と認める。

f:id:manchester-98-99-rs:20171006215304j:plain

DCフィルム・ユニバース作品として公開された”バットマンvスーパーマン/ジャスティスの誕生”では暗すぎるとのことで批評家たちから批判されていました。

 

同作でバットマン=ブルース・ウェインを演じたベン・アフレックはその一部批判を認めた。

 

ベン・アフレック

BvSが暗すぎるとの批判は理解できます。

それは 公正な批判だと思います。

と語り、BvSのダークでシリアスな展開への批判を受け入れた。

 

しかしベン・アフレックは”ジャスティス・リーグ”は少し軽いと語っている。

 

ベン・アフレック

”ジャスティス・リーグ”はもう少し軽くなるだろう。

ザックはもっと楽しい映画を作りたいと思っていました。

重いメロドラマに邪魔されていません。

 

”ジャスティス・リーグ”のトーンについてはガル・ガドットも重くはないと語っていました。

 

ソース:Batman News(海外サイト)