MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

”レッド・スパロウ”監督はスーパーヒーロー映画に興味なし?

f:id:manchester-98-99-rs:20180213221513j:plain

ジェニファー・ローレンス主演のスパイ映画”レッド・スパロウ”の監督フランシス・ローレンスはキアヌ・リーブス主演のDCコミックス原作の”コンスタンティン”で監督デビューしました。

 

監督が再びスーパーヒーロー映画に戻ってくることについては、あまり興味を持っていないようだ。

 

フランシス・ローレンス

私はマーベルとミーティングしたことは一度もありません。

興味はありませんでした。

 と明かし、マーベルからのオファーもスーパーヒーロー映画に対しても興味がないとの考えを示した。

 

 

 ”レッド・スパロウ”のストーリーがMCUのスカーレット・ヨハンソン演じるブラック・ウィドウのストーリーと類似しており、さらにマーベル・スタジオはブラック・ウィドウの単独映画を制作するとのウワサもあり、監督候補としてフランシス・ローレンスに期待したファンが多かったようだ。

 

しかしマーベル・スタジオは”ブラック・ウィドウ”の単独映画に向けて動いている可能性は高いとされているが、監督としてフランシス・ローレンスを呼ぶ考えはないようである。

 

ただフランシス・ローレンスはマーベル・スタジオのマーベル・シネマティック・ユニバースのプロジェクトは素晴らしいと称えている。

 

フランシス・ローレンス

彼ら(MCU)は本当にしっかりしている。

その中のいくつかはさらに素晴らしい傾向にあると思う。

彼らには同一性がある。

私が観て素晴らしいと思ったのは”ガーディアン・オブ・ギャラクシーVol.1”です。

それぞれのキャラクター、独創性、そしてそれらはすべて本当に素晴らしい方法で集まった。

と明かし、MCUは素晴らしいプロジェクトだと話し、さらにその中でも”ガーディアン・オブ・ギャラクシーVol.1”が良かったと語っている。

 

 

ソース:Comic Book@Marvel(海外サイト)