MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

ケヴィン・ファイギは複雑なネイモアの権利ついて語る。

f:id:manchester-98-99-rs:20180425225223j:plain

マーベル・スタジオは現在、マーベル・シネマティック・ユニバースを展開してハリウッドの巨大コンテンツへとのし上がりました。

 

アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルク、ドクター・ストレンジ、アントマン・・など多くのヒーローを劇場にデビューさせましたが、マーベルヒーローはもっと沢山います。

 

最近ではディズニーのFOX買収により20世紀FOXが版権を持っていた”X-MEN”や”ファンタスティック・フォー”も契約が成立すればMCUへと合流することが可能になります。

 

しかしマーベル・スタジオはマーベル・コミックスでの最初のヒーローでアトランティスの王子である”ネイモア”について興味を示しています。

 

マーベル・スタジオCEOケヴィン・ファイギはインタビューで”ネイモア”の映画の可能性とキャラクターの権利を持っているユニバーサルピクチャーズが複雑になっているかについて語ってくれた。

 

ケヴィン・ファイギ

それはおそらく、それを理解する方法があると思いますが、

それは他のキャラクターの大部分と同じぐらいきれいではない。

と語り、簡単な話にはならないことを匂わせた。

 

ファイギは最終的にマーベルコミックスのすべてのキャラクターの権利を戻すと語っていました。

 

ユニバーサルはハルクの映画の権利ももっており、その結果マーク・ラファロでのハルク映画続編の制作に進めない現状でもあります。

 

今後、マーベル・スタジオとユニバーサルとの交渉次第ではMCUで”ネイモア”映画が制作されるかもしれません。

 

ソース:Comic Book@Marvel(海外サイト)