MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

クランシー・ブランは”デアデビル”と”パニッシャー”のクリエイティブな自由を称賛。

f:id:manchester-98-99-rs:20180101100715j:plain

f:id:manchester-98-99-rs:20180101100741j:plain

CWのDCドラマ”フラッシュ”やマーベル映画”ソー/バトルロイヤル”、さらにはNetFlixのショーでの役割のおかげで近年ではコミックメディアにかなりの部分を占めています。

 

最新のインタビューでブラウンは”デアデビル”と”パニッシャー”のクリエイティブな自由を称賛していると明かしている。

 

クライシー・ブラウン

 私はいつもファンだった、しかし子供の頃はいつも禁じられていた。

オタクの文化は受け入れられているので、少々過激でもそれを主張できると思います。

”デアデビル”、”パニッシャー”のようなショーは今、良い仕事をしていると思います。

NetFlixがこの2作品を手がけるまで本当にうまく行っていなかった。

と語り、NetFlixのようなストリーミング・サービスが出来るまでTVはある意味限界に達していたと言う考えを示した。

 

 

ソース:Comic Book@Marvel(海外サイト)