MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

クリス・マッケイは脚本の最初のドラフトがほぼ完了していると報告。

f:id:manchester-98-99-rs:20180211082529j:plain

DCフィルム・ユニバースへと組み込まれる予定の”ナイトウィング”は順調に進んでいるようである。

 

監督を務めるクリス・マッケイはこのプロジェウトに熱心である。

その証拠に彼は約束通り、映画に関する情報を提供してくれた。

 

クリス・マッケイ

脚本の最初の下書きはほぼ完了しましたが、 私達はこの映画に時間を割いています。

 

ファンが最も期待しているキャスティングについてはまだ決定していませんが 、それにはもう少し時間がかかるかもしれません。

 

しかし”ナイトウィング”のプロジェウトは正しい軌道に乗っているようです。

ファンは”ナイトウィング”のキャスティングについて適正な役割を果たす人材を求めており、熱望しています。

 

クリス・マッケイ

この映画は、他のゴッサム・ベースの映画やテレビ番組とは違って ディック・グレイソンの本来の姿を見せます。

レゴ・バットマンとは違う。

 

 マッケイはまた、なぜキャラクターに興味をそそるかを明らかにした。

 

クリス・マッケイ

彼(ディック・グレイソン)はブルース・ウェインと同じネガティブなものを持っていて、社会の観点から見ている。

彼はさらにそこからネガティブなものを持っているが、彼は残っている。

それが私がディック・グレイソンを好きな理由です。

マッケイの中ではブルース・ウェインのネガティブさとディック・グレイソンのネガティブさとは違うと考えているようであり、そこが惹かれる理由だと明かしている。

 

ソース:Comic Book@Marvel(海外サイト)