MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

オコナーの脚本にはウィル・スミスとマーゴット・ロビー、ジャレット・レトの役割がある模様。

f:id:manchester-98-99-rs:20180112212648j:plain

DCフィルム・ユニバース作品となる”スーサイド・スクワッド2”はプロデューサーにマイケル・デ・ルカを迎え、クランクインに向けて動き出しています。

 

監督を務めるギャビン・オコナーは現在、脚本の執筆中とのことですが、この脚本にはウィル・スミスのデッドショット、マーゴット・ロビーのハーレイ・クイン、ジャレット・レトのジョーカーが物語を魅了するようであると伝えている。

 

キャスティングの正式発表はまだされていませんが、オコナーの構想にはこの3人が入ってるようである。

 

DCフィルムズは”スーサイド・スクワッド”の失敗から多くを学び、続編はその改善が求められます、特にレトのジョーカーをどう描くかは重要なポイントになるとされています。

 

デイビッド・エアーも映画でのジョーカーの役割を台無しにしたと後悔していると後日明かしている。

 

ソース:Comic Book@DC(海外サイト)