MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

ヨエル・キナマンは”スーサイド・スクワッド2”の展望を語る。

f:id:manchester-98-99-rs:20180120083455j:plain

2016年に公開された”スーサイド・スクワッド”はヴィランを主人公にしたDCフィルム・ユニバースにとって意欲的な作品となりました。

 

しかし、この作品は批評家及びファンからは支持をえるまでには行かず、監督を努めたデイヴィット・エアーは作品作りに後悔していると明かしている。

 

その中でも”スーサイド・スクワッド”で最も批判された要因の1つとして挙げられるのがカーラ・デルヴィーユが演じたメイン・ヴィランである『エンチャントレス』である。

 

エアー自身も、もし”スーサイド・スクワッド”を作り直せるならメイン・ヴィランはジャレット・レトのジョーカーにしたと後に明かしている。

 

YAHOO!の最新インタビューで”スーサイド・スクワッド”に出演しており、続編にも出演するヨエル・キナマンに映画が間違っていたこととはとの質問に答えた。

 

ヨエル・キナマン

それ(スーサイド・スクワッド)は素晴らしいセットアップだったが、私たちが”スーサイド・スクワッド2”をする時には、より根本的なバージョンの映画を見ても驚くことはないと思います。

キャラクターは非常に極端ですから、”魔法”が少なくても効果があります。

と答えた。

 

ソース:YAHOO!(海外サイト)