MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

”アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”がスパイダーマン/ホームカミングのタイムラインエラーを明らかにする。

f:id:manchester-98-99-rs:20180429220817j:plain

マーベル・シネマティック・ユニバースとして最初のスパイダーマン単独映画となった”スパイダーマン/ホームカミング”では”8年後”問題が勃発しました。

 

”アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”の監督を努めたルッソ兄弟のジョー・ルッソは”アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”公開前にスパイダーマンの8年後問題について間違いだったと認めていました。

 

では実際に”アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”ではどのようなタイムラインとなったのでしょうか?

 

 

2012年”アベンジャーズ”でロキがスペースストーンを使って侵略を図ってから2018年の”アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”で再びニューヨークを襲撃するまで6年経っていることになります。

 

スパイダーマン/ホームカミングでは、ピーター・パーカーは劇中の最後にスタークによって”アイアン・スパイダースーツ”を紹介されます。

 

しかしピーターはそれを着ることはなかった。

 

”アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”でアップグレードされたアイアン・スパイダーマン”のスーツをピーターは初めて着ることになります。

 

仮に”スパイダーマン/ホームカミング”が2012年”アベンジャーズ”から8年後の2020年の舞台設定だとしたらアイアン・スパイダーマンスーツに関しては”インフィニティ・ウォー”ですでに知っていたっことになり、スパイダーマン/ホームカミングで初披露されたアイアン・スパイダーマンスーツとの矛盾が発生します。

 

これは”スパイダーマン/ホームカミング”での《8年後》問題は間違いだったことを証明した形になりました。

 

マーベル・スタジオCEOケヴィン・ファイギはいずれはMCUのタイムラインを公表しなければいけないだろうとの考えを示していますが、それはいつになるかは未定です。

 

ソース:Comic Book@Marvel(海外サイト)