MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

マシュー・ヴォーンの”マン・オブ・スティール2”が好きなると語る、マーク・ミラー。

f:id:manchester-98-99-rs:20171219200226j:plain

DCフィルム・ユニバースは”ジャスティス・リーグ”で最大のイベントを成し遂げた後、各ヒーローたちは単独映画へと向かって行くとされています。

 

”アクアマン”、”フラッシュポイント”、”ワンダーウーマン2”などは制作が決まっており、バットマンも単独映画がマット・リーヴスによって制作されることが決まっています。

 

そして今、ヘンリー・カヴィルの”マン・オブ・スティール”続編の企画を進行しているとも言われてます。

 

監督の候補として浮上しているのが”キングスマン”を手がけるマシュー・ヴォーンであるが、彼が”マン・オブ・スティール2”を引き受けるのら応援したいと漫画家であるマーク・ミラーは語っている模様。

 

マーク・ミラー

彼(ヴォーン)と私はスーパーマンの大ファンです。

リチャード・ドナーを崇拝しており、クリストファー・リーヴの映画が好きです。

 

ヴォーンが”マン・オブ・スティール2”を指揮するとはまだ決まっていませんが、ヴォーンはミラーにプロジェクトの支援を依頼したとのウワサもあり、この先どのような展開を迎えるかは不明である。

 

ソース:Comic Book@DC(海外サイト)