MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

マーク・ラファロ、”ソー/バトルロイヤル”はMCUの壁を破るだろう。

f:id:manchester-98-99-rs:20171030222136j:plain

マーベル・シネマティック・ユニバース作品となる”ソー/バトルロイヤル”はいよいよ今週末に日本でも公開されます。

 

監督を努めたタイカ・ワイティティはこれまでの”マイティ・ソー”シリーズとは一味違ったコメディ要素を多くに散りばめました。

ワイティティ自身は”ソー/バトルロイヤル”について フランチャイズの3番目の作品として考えていないと語り、シリーズ1作目の気持ちで取り組んだと明かしている。

映画はMCUの世界で起きた出来事を参照にして進められていますが、ワイティティは”それ(ソー/バトルロイヤル)はまだそれ(ソー/バトルロイヤル)自身で成り立てると思っている”と語っている。

 

そしてハルクとして2年ぶりにMCUに登場するマーク・ラファロは当初、コメディ要素が強く、MCUから根本的に異なるアプローチに心配していたと告白している。

 

マーク・ラファロ

私たちはマーベルの世界を壊したのか?

私たちはこの作品ですべてを投げ出しました、これでもう一度始めました。

 

マーベル映画がすべてシリアスではありません。

スパイダーマン/ホームカミングやガーディアンズ・オブ・ギャラクシーなどは多くのコメディ要素を取り込んでいます。

しかし”マイティ・ソー”シリーズのこれまでのフィールドからは逸れています。

 

この方向転換がどう転ぶかは11月3日まで待つしかなようだ。

 

ソース:Comic Book@Marvel(海外サイト)