MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

3代目”ブラック・キャナリーはX-23を演じたいと願う。

f:id:manchester-98-99-rs:20180405225622j:plain

マーベルとDCは長年、アメリカン・コミックスとしてライバル関係を築いています。

それはコミックスだけでなく、映画。ドラマとその媒体は拡大しています。

 

CWのDCドラマで”アローバース”の一員であるジュリアナ・ハーカヴィはDCドラマ”ARROW”でダイアナ・ドレイクを演じており3代目の”ブラック・キャナリーを演じています。

 

最近、彼女は長年のキャラクターの願いを叶えるマーベル映画の役割があることを知ったようです。

 

ハーカヴィはインタビューでコミックスの壁を越えてマーベルのキャラクターの役割を果たすことを望んでいると答えました。

 

ジュリアナ・ハーカヴィ

すべてのX-MENのキャラクターが本当に興味をそそられています。

ウルヴァリンがお気に入りです。

と答えたが、彼女はさらにストームも好きだと明かしている。

 

そして20世紀FOXマーベルは新しいウルヴァリンを設定しようとしています。

ウルヴァリンのクローンであるX-23です。

 

ヒュー・ジャックマンのラスト・ウルヴァリンとなった”LOGAN”で初登場したX-23は現在、X-23のスピンオフ映画を作ろうと計画中です。

 

そしてハーカヴィはX-23を演じたいと願っているようです。

 

ジュリアナ・ハーカヴィ

私は全く知らなかった(映画計画のこと)

それはまさに私が1000%演じたいと思っているキャラクターです。

それはとてもクールです。

私はそういう事をしたい。

と明かし、X-23を演じたいと熱望した。

 

ソース:Comic Book@DC(海外サイト)