MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

sponsored link

DCエクスティンディッド・ユニバースのしくじりを考える。(でも最終的には応援記事です)

f:id:manchester-98-99-rs:20160924211026j:plain

マーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)の大成功を受けて、マーベルコミックスとライバル関係にあるDCコミックスも満を持して始動した"DCエクスティンディッド・ユニバース”(以下DCEU)

 

DCコミックスでそれぞれ活躍しているヒーローたちやヴィランたちの世界観を共有したストーリーを描くユニバースプロジェクトですが、スーパーマンを再リブートして”ダークナイト”シリーズのクリストファー・ノーランが制作に参加した”マン・オブ・スティール”を始まりの位置としてこれまで”バットマンvsスーパーマン/ジャスティスの誕生(以下BvS)”、ヴィランたちが集結した”スーサイド・スクワッド”と3作品を公開しています。

 

ですが、現状のDCEU作品の評価はあまりたかくありません・・

ではDCコミックス映画がなぜこれまでしくじってしまったのかを個人的に考えてみました。(ちなみに私個人は楽しんで観てますのであくまで客観的に見た意見です)

 

遅すぎたユニバース始動

MCUは2008年のアイアンマンからユニバースプロジェクトが始動しました、そして現在の”シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ”まで計13本のユニバース作品を公開しています。

ここまで進んでしまったMCUのあとから始まったDCEUは大きく遅れをとったと言わざるおえないでしょう。

さらに最悪なタイミングだったのがMCUはいよいよフェイズ3の幕開けとなりマーベルコミックでも1・2を争う人気ヒーロー、”アイアンマン”と”キャプテン・アメリカ”の対立を描き、さらに”シビル・ウォー”では”アントマン”や”スパイダーマン”も参戦するといった豪華な顔ぶれで公開されたことでユニバースストーリーが最高潮に達しているこのタイミングでのBvS公開だったのでDCコミックらしいダークで重厚なストーリーではやはりインパクトが弱かったと思います。

 

ただダークで重厚なストーリーがDCコミックスらしいと思っているのでここのテイストは貫いてほしいです(個人的には)

 

 

作品の公開順序が・・どーなのよ?

MCUの成功の要因の1つとしてまたまた個人的な意見になりますが映画公開のやり方にあったと思います。

 

まず”アイアンマン”、”ハルク”、”キャプテン・アメリカ”、”マイティー・ソー”などのちに”アベンジャーズ”として参戦するヒーローたちの単独映画を公開させ、しっかりユニバースストーリーも描いていたことによって満を持して”アベンジャーズ”公開ですよ!

単独映画で主人公だったヒーロー達が集結するとなるとファンには興奮もの間違いなしですよね。

単独映画でしっかりそれぞれのヒーロー像を描けているので”アベンジャーズ”でも気持ちが入っていけると思うのです。MCU成功のカギはここだったのではないかと思います。

 

ではDCEUはどうでしょう。

BvSでバットマンとスーパーマンの繋がりはイイと思うのですが、その他フラッシュ、アクアマン、サイボーグといったヒーローがカメオ出演のみでそのままDCヒーローが集結する”ジャスティス・リーグ”へと直結してしまいますので果たして”アベンジャーズ”ほどの興奮を持てるかが心配です・・

DCもここはしっかりフラッシュやアクアマン、サイボーグなどのストーリーを描いてからでも良かったのではないかと思っちゃいます。

 

それでもDCEUには期待したい!!

スーサイド・スクワッド”も大きく賛否がありBvSも物足りないなどの意見をよく聞きますが、これまでユニバースを楽しむのはMCUしかなかったので別のテイストを味わいたいと思っていた私は(MCUはもちろん好きですよ!!!)DCに頑張ってもらいたいです(切実)過去の失敗や酷評を真摯に受け止め作品の向上に努めてほしいです。

 

がんばれDC!!

 

*かなり個人的な意見になってしまいましたが、おヒマな時にでもよんでください。