MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

スコット・デリクソンはDC映画の”ウォッチメン/アルティメットカット”ver.を好きな映画だと明かす。

スポンサードリンク

f:id:manchester-98-99-rs:20180520171226j:plain

マーベル・シネマティック・ユニバースの”ドクター・ストレンジ”を指揮したスコット・デリクソンはマーベル映画を手がけていますが、好きなコミックス映画は意外な作品だと明かしている。

 

スコット・デリクソンはDC映画の”ウォッチメン/アルカット”が好きな映画だと明かしています。

デリクソン曰く、”ウォッチメン”はスーパーヒーロー映画の”ブレード・ランナー”だと呼んであり、かなり高い評価を与えている。

 

ワーナー・ブラザースはザック・スナイダーを起用して”ウォッチメン”を制作しました。

全米では2009年に公開されましたが、観客及び評論家の両方から賛否があり、肯定的な意見も多かったが批判も少なくなかった。

 

最終的に興行収入では失望された結果となったが、多くの監督たちには影響を与えた作品となっているようです。

 

デリクソンはその後、家庭用ソフトとして3つのバージョンがリリースされた”ウォッチメン”のアルティメットカットがお気に入りだったようです。

 

ちなみに3つのバージョンとは”通常版”、”ディレクターズカット”、そして”アルティメットカット”です。

 

ソース:Comic Book@Marvel(海外サイト)