MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

ケヴィン・ファイギはスカーレット・ヨハンソンとまだ仕事を続ける可能性を示唆、しかし今後はプロデューサーとしての役割を担う。

スポンサードリンク

f:id:manchester-98-99-rs:20210705194255j:plain

”アベンジャーズ/エンド・ゲーム”で世界を救うために犠牲となったナターシャ・ロマノフのエンド・ゲーム前のストーリーを描いた”ブラック・ウィドウ”はコロナ禍の中、ようやく劇場公開を迎えます。

 

現時点で今後のMCUの未来で何らかの形でナターシャが戻る可能性は低いと思われますが、スカーレット・ヨハンソン自体はマーベル・スタジオと今後も良好な関係を築くかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

 

マーベル・スタジオCEOケヴィン・ファイギはスカーレット・ヨハンソンに関して

彼女はこの映画(ブラック・ウィドウ)のプロデューサーでもあります。

彼女は私たちにケイト・ショートランドという素晴らしい監督を連れてきた人です。

私たちがとても運が良ければ、可能な限り彼女よ一緒に仕事を続ける事に興奮してます。

ケヴィン・ファイギはスカーレット・ヨハンソンと今後プロデューサーとしてマーベル・スタジオのMCUと関係を継続したいことを望んでいる と明かしています。

 

 

ソース:marvelfansin(インスタグラム)