MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

ケヴィン・ファイギはスカヨハを支持、ディズニーに対して”怒りと恥ずかしさを感じる”と発言。

スポンサードリンク

f:id:manchester-98-99-rs:20210731175954j:plain

スカーレット・ヨハンソンが”ブラック・ウィドウ”の契約に関してディズニーを提訴した事が大きな波紋を広げています。

 

当初、劇場独占公開として契約されていたディズニーとスカーレット・ヨハンソンですが、コロナウイルスの影響による度重なる延期やストリーミングの普及に伴い劇場と配信リリースが同時に行われたことによるが規約違反だとスカヨハ側が主張していました。

 

スポンサードリンク

 

 

これに対してディズニーも徹底交戦に入る事態に陥り、深刻化していますがマーベル・スタジオCEOケヴィン・ファイギはスカーレット・ヨハンソンの主張を支持しているようです。

ケヴィン・ファイギはディズニーに対して《怒りと恥ずかしさを感じている》と明かしており、ディズニーがスカーレット・ヨハンソンに十分な対処を行っていなかったと明かしています。

 

ファイギは”ブラック・ウィドウ”を劇場オンリーでリリースするように当初、ディズニーに働きかけていたようであり、スカーレット・ヨハンソンを動揺させたくなかったようです。

さらにスカヨハが訴訟を起こすと伝えた際に、ファイギはディズニーに彼女との関係を修復するように助言していたとの報道も出ています。

 

この報道が事実であれば劇場と配信同時リリースがディズニー側の単独による決断だった可能性があり、それによるスカーレット・ヨハンソンとの契約の再交渉を怠った可能性があるようです。

 

 

ソース:IGN JAPAN