MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

ケヴィン・ファイギはWBに行っていた可能性があった模様。

スポンサードリンク

ケヴィン・ファイギは2008年アイアンマンでマーベル・シネマティック・ユニバースを立ち上げ、現在に至るまで素晴らしい功績を築きました。

 

しかしアイアンマン2をリリースした2010年頃、ファイギはマーベルの当時の経営陣に不満を抱いており、ワーナー・ブラザースと話し合いを行ったとThe Directは報じてます。

 

スポンサードリンク  

 

 

報道によると当時のCEOだったイケ・パールマッターはファイギが進めているMCUの多様性について明らかな反対があったようであり、ファイギはパールマッターの下で働くことに不満を持っていたようだと伝えています。

 

そして2010年代半ばごろにファイギはワーナー・ブラザースと真剣な話し合いを始めたようであり、実現していればファイギはDCユニバースをプロデュースしていた可能性があったようです。

 

最終的にワーナー・ブラザース移籍は実現しませんでしたが、この結果がファイギのマーベルでの昇進に拍車をかけたことになったようです。

 

 

ソース:The Direct(海外サイト)